エレキギター博士:新着記事
2017年8月20日 LINE 6 のエレキギター「Variax」について
2017年8月18日 「Fender Music Backstage」潜入レポート!
2017年8月15日 American Professional Stratocaster徹底分析
2017年8月13日 Caparisonのギターについて
2017年8月6日 《4コマ漫画》ギター博士と六弦かなで

モードについて その12016年9月17日 , ライター:澤田 卓也

メジャー、マイナー各調でのコード進行以外に曲の一部で通常とは違う動きかたをすることがあります。
「ここはミクソリディアンで」とかいうのを聞いた事があると思います。

他にはコード一つか二つでジャム・セッションなどをする時に「ドリアン一発で」演奏したりします。

この場合のミクソリディアンやドリアンはスケールというよりも「ミクソリディアン・モード」や「ドリアン・モード」と指しています。
モードって何でしょう? 続きを読む!

MXR、シールドケーブル「INSTRUMENT CABLE」シリーズ発表2016年9月9日

MXR INSTRUMENT CABLEシリーズ

エフェクター・ブランドとして広く知られているMXRがシールドケーブル市場に本格参戦。MXR INSTRUMENT CABLE シリーズは「ミュージシャンが必要とするサウンド、耐久性といった要素を理想的な価格で提供する」というコンセプトのもと開発されたギター用ケーブル。プロシリーズとスタンダードシリーズ2種類のラインナップです。 続きを読む!

【クラシックギターにピックアップ取り付け】リペア体験レポート2016年9月2日 , ライター:小林 健悟

クラシックギターにピックアップ取り付け

取材をさせていただいたご縁で、岐阜県に居を構えるVINCENT(ヴィンセント)の小川さんにピックアップの取り付けを依頼しました。惜しげもなく匠の技を見せていただいたので、今回はそのレポートをしようと思います。

【カフェとギター】VINCENT訪問インタビュー

続きを読む!

ギターを弾くハリウッドスター ギタリスト “Johnny Depp”2016年7月16日 , ライター:中前 議晴

ジョニー・デップ ポスター Alice In Wonderland

ジョニー・デップといえば、 シザーハンズやパイレーツ・オブ・カリビアンでのジャックスパローだったり、チャーリーとチョコレート工場でのウィリー・ウォンカ、アリス・イン・ワンダーランドでのマッドハッタ―など、日本でも人気の超売れっ子ハリウッド俳優として知られています。

最近では婚約者であるアンバー・ハードとの問題でニュースで見かける機会も多いですね。

そんなジョニー・デップですが、映画俳優の他にも”ギタリスト”としての一面も持ち合わせているのです。

しかも上手い。

今回は”ギタリスト”であるジョニー・デップを追ってみたいと思います。 続きを読む!

解散が噂されるAerosmith。誰もが耳にしたことのある名曲を振り返ってみよう!2016年7月12日 , ライター:中前 議晴

aerosmith_topAerosmith ROCKS DONINGTON

1973年、ハードロック・バンドとしてデビューしたAerosmith。
ですが、実際はブルースをルーツとしたロックンロールバンドでしょう。

ヒット曲も多く、CDのトータルセールスは、全世界で1億5,000万枚以上と言われているモンスターバンドです。

デビューから現在まで、ドラッグの問題やメンバーの一時脱退などの問題を抱えながらもロックスターとして歩んできました。

そのAerosmithのヴォーカルであるスティーブン・タイラーが先月、突然のバンドの解散宣言をしました。

これには著者も驚かされました。

しかし、今月に入りギタリストのジョー・ペリーが「解散はない」と発言をしています。

ん~、事の真偽はまだわかりませんが、ファンとしては解散せずにまだまだ活動を続けていただきたいですよね。

今後どうなるのか心配ではありますが、いったん彼らの名曲を聴き返してみませんか?

彼らの代名詞ともいえるヒット曲をいくつかピックアップしてみました。 続きを読む!

Ozzy Osbourne を支えた歴代ギタリストたち2016年7月12日 , ライター:中前 議晴

Ozzy Osbourn Blizzard Of Ozz

ヘヴィーメタル界のカリスマ”Ozzy Osbourne”。

「プリンス・オブ・ダークネス(Prince of Darkness)」や「マッドマン(Madman)」、日本では「メタルの帝王」など数々の異名がついていますね。そして、多くのお騒がせエピソードを持つアーティストでもあります。

とあるレセプションにて、オジーが記者会見をした時の事、朦朧としていたオジーは鳩の首を食いちぎってしまったり、

ライブ中にステージ上に投げ込まれたコウモリの首を噛み千切ったりと、過激なパフォーマンスを行ってきました。

そんなメタルの帝王を支えるギタリストたち。

彼の右腕的な存在の歴代ギタリストの名演をご紹介します。 続きを読む!

スライドマスター:スライドギターをやるなら彼を聴け!2016年7月12日 , ライター:中前 議晴

derek Derek Trucks signature slide

多くのブルースギタリストが取り入れているスライドギター奏法。

指にボトルネック(スライドバー)といわれる筒状の装置をはめ、弦の上をすべるように動かし演奏する奏法です。

通常の演奏では得られない滑らかなニュアンスが得られ、スライドギターのとりこになってしまう人も非常に多いのです。

今回はそんなスライドギターの名手を集めてみました。

ボトルネック(スライド)奏法 – エレキギター博士

続きを読む!

これならいつでもRockができる!カバンに忍ばせておける超小型アンプ!2016年7月11日 , ライター:中前 議晴

超小型アンプ

”エレクトリックギター”

それはギターとアンプ、この2つのファクターから成立する楽器です。

アコーステックギターと違って、エレキギター本体だけでは本来の音を出すことはできません。

ちょっと友達の家で一緒に練習しよう!
→アンプが友達の分しかないから自分は生音。

ちょっと出先で演奏する機会がある
→アンプがないとみんなに聞こえない

こんな経験はありませんか?

著者は学生時代、友達の家に行くためにギターを背負い、家で使っていた15wのアンプを自転車のかごにのせ、(もちろんかごからはハミ出していました)走っていた思い出があります。

そんな大変な思いをしなくても、今は小さくて持ち運びに優れた超小型アンプが存在するんですね!

ライブで使うといった本格的な使用は難しいですが、少し音を出せればいいような場面では重宝すること間違いなしです!

おすすめの小型ギターアンプ一覧 -【エレキギター博士】

続きを読む!