エレキギター博士:新着記事
2019年6月27日 初めてのエレキギターにおすすめ!RYOGA LEシリーズ
2019年6月26日 エレキギター/ベースの新たなブランド~RYOGA~
2019年6月24日 手の届くメイドインUSA、PRS「S2シリーズ」について
2019年6月23日 PRS「SEシリーズ」ってどうなの?特徴やライナップを調べてみた
2019年6月22日 PRSを代表するモデル「Custom 24」について

弾けまっせ!買えまっせ!サウンドメッセ2019レポート!!2019年5月31日 , ライター:小林 健悟

サウンドメッセ2019

2019年5月11日(土)、12日(日)の二日間にわたって開催された「サウンドメッセ2019」に行ってきました!「弾けまっせ!買えまっせ!」のキャッチコピーが示すように、メーカー各社の展示物を試奏するだけでなくイベント価格でのお買い物もできる、大阪らしい展示会です。著名アーティストのライブやトークショーなど、企画も豊富です。

今回は地元エリアで活動する若手ベーシストくんに手伝ってもらい、合計10,000本というギター、ベース、ウクレレがひしめく会場を練り歩き、各社の新作やショーモデルなど、いろいろな楽器に触れてきました。その全てをというわけにはとてもいきませんでしたが、時間内に取材することができたブランドを紹介していきます!

MENU
1: エレクトリックゾーン
2: GEN(GAKKI ENGINE OF NIPPON)
	2.1: Sugi Guitars(スギ・ギターズ)
	2.2: Freedom Custom Guitar Research(フリーダムCGR)
	2.3: Bizen Works(ビゼン・ワークス)
	2.4: IHush Guitars(アイハッシュギターズ)
	2.5: Kz Guitar Works(ケーズ・ギターワークス)
	2.6: D’s design(ディーズ・デザイン)
	2.7: T’s Guitars(ティーズ・ギターズ)
	2.8: Kino FACTORY / SOUND SPRITE(キノ・ファクトリー)
	2.9: Red House(レッドハウス)
3: アコースティックゾーン
	3.1: Vincent(ヴィンセント)
	3.2: Asturias(アストリアス)
	3.3: Ibanez(アイバニーズ)
	3.4: UEHARA ACOUSTIC GUITARS
	3.5: Cole Clark(コール・クラーク)
	3.6: K.Yairi(ケー・ヤイリ)
4: ショップゾーン

続きを読む!

《レビュー&取材》プロユースのギターストラップ「Elara Straps」2019年5月24日 , ライター:小林 健悟

ご夫婦で運営する「Elara Straps」ストラップ。奥さまお手製のかわいらしいポーチに入って送られます。ポーチのデザインは、何が来るのかお楽しみ。

「1万円オーバーのストラップ」って、どう思いますか?下手すりゃギター本体より高いんですよ。しかしこれがまた、格別に結構な代物なのです。そこで、高額ストラップの一例として岐阜県郡上市でハンドメイドされる「Elara Straps(エララストラップ)」をご紹介します。デザインと機能性、オーダーできるメリットなどが受けて、大物アーティストも含め、プロミュージシャンの間でじわじわと支持が広がっています。

徹底紹介と解説!おすすめのギターストラップ – エレキギター博士

続きを読む!

《体当たりレビュー》メタルセッションに参加してきました。2019年5月8日 , ライター:小林 健悟

ジャズやロックは、一人ではなかなかやりにくいジャンルです。伴奏音源に合わせるだけじゃ物足りない、やはり人間とバンドが組みたいんです。しかし誰しもバンドを組めるわけではありません。そんなわけで、その時、その場で集まったメンバーで演奏する「セッション」という形式はいろいろと好都合です。各地で開催されているセッションは、バンド演奏を楽しみたい、自分のスキルをもっと磨きたい、本番の経験が欲しい、という人にとって、まさに絶好の機会です。

セッションと言ってもジャズを中心にしたもの、初心者向けのものなど、イベントごとにいろいろな方向性があり、有名アーティストと一緒に演奏できちゃうセッションまであります。そんな中、GWに開催された「メタルセッション in 名古屋 with 菅沼孝三 vol.16(以下、メタルセッション)」に参加、どうやって参加するのか、どんな人が参加しているのかなどをレポートしていきます。セッションに興味がある人、バンドはやりたいけど結成にハードルを感じている人、初耳の人など、ぜひ参考にしてみてください。
続きを読む!

《体験取材》ギターを測定する機械「plek」って何だ?2019年2月2日 , ライター:小林 健悟

「plek (プレック)」というマシンがギター業界に広まっています。いろいろなメーカーでナット溝を切ったりフレットを整えたりするのに使われているようですが、世界各地のリペアショップでもビシっと調整するためにplekを導入する、というところが目立つようになってきました。「あの店にplekが入るらしい」なんて話がミュージシャン同士でうわさされることもしばしば。このplekとはどういうもので、どんなことができるのでしょうか。そんなわけで、名古屋大須の「GRACIAS(グラシャス)」を訪れ、plekを体験させてもらいました。グラシャスはいち早くplekを導入しています。「日本に3台しかない」と言われていた時代の1台が、ここグラシャスのplekです。plekは年に一回程度システムのアップグレードが行われるので、機能は最新です。
続きを読む!

Fender Made in Japan Traditionalシリーズにブラックカラー&ゴールドパーツの”Midnight”限定発売2018年10月27日

Fender「Made In Japan Traditional」シリーズは、その名の通りフェンダーの伝統的なモデルを継承しながら目を引くニューカラーを取り入れ、合計100以上の幅広いラインナップを誇る日本製フェンダーを代表するラインナップです。各年代を再現したモデルや限定モデルなど、多様性があって選ぶ楽しさがあります。

そんなMIJ Traditionalシリーズに、深夜の漆黒にインスパイアされたブラックのグロスボディフィニッシュとマッチングヘッド、エレガントなゴールドパーツと3プライ・ピックガード(ブラック/ホワイト/ブラック)をアクセントに添え、気品のあるルックスをまとったMidnightカラー3機種が登場しました。
続きを読む!

JAZZMASTER60周年記念モデル「LIMITED EDITION 60th ANNIVERSARY JAZMMASTER」2機種が登場2018年7月13日

LIMITED EDITION 60th ANNIVERSARY JAZZMASTER

サーフロック/90年代パンク/オルタナティブミュージックなど、ジャンルを問わず幅広いギタリストに愛用されてきたフェンダー・ジャズマスター。2018年4月にはJAZZMASTER誕生60周年を記念した限定モデル「60th ANNIVERSARY ‘58 JAZMMASTER」が発売されましたが、今回新たな記念モデル2機種

  • パワフルなハムバッカーを3基搭載した「LIMITED EDITION 60th ANNIVERSARY THE TRIPLE JAZZMASTER
  • レトロポップなマッチングヘッドが映える「LIMITED EDITION 60th ANNIVERSARY CLASSIC JAZZMASTER

が、2018年9月から発売開始予定であることが発表されました。
続きを読む!

メモリー機能付きディレイペダル大特集2018年6月19日 , ライター:森多 健司

メモリー機能付きディレイ

ディレイ・エフェクトは歪みの次にこだわるギタリストの多いエフェクトです。古くはアナログとデジタルを選ぶぐらいしか選択肢がなかったディレイも最近は多機能化が進み、タップテンポ機能やルーパー機能など、さまざまな機能を併せ持つものが増えてきました。

ここではそんなディレイの中でも、プリセットをメモリー可能な機種について選んでみました。
続きを読む!

真空管搭載オーバードライブ大特集!2018年6月9日 , ライター:森多 健司

真空管搭載オーバードライブ VOX Straight 6 Drive TG1-ST60D

オーバードライブ系のペダルを探していると、非常に良く耳にする「アンプライクな…」という言葉。歪みエフェクターにはよくある「エフェクター臭い」と言われる類の不自然な歪み、これを排除しましたという意味の売り文句の一つです。

ここではアンプにより近づいた構造を持つ真空管内蔵の歪みエフェクターに焦点を当ててみます。
続きを読む!

フェンダーから、ギタリストCharのシグネイチャー・ストラトキャスターが誕生2018年6月8日

Charシグネイチャー・ストラトキャスター

フェンダー社のトップラインであるカスタムショップから、日本を代表するギタリスト、Charのシグネチャー・モデル「Char 1959 Stratocaster Burgundy, Journeyman Relic」が製作・発売されることが発表されました。氏のキャリアの中でも特別な存在感を放つ1959年製バーガンディ・ミストのストラトキャスターが、Charのプレイアビリティを熟知したマスタービルダーのポール・ウォーラーによる徹底的なプロファイルによって復刻されます。
続きを読む!

ZEMAITIS Z24に、レーシングストライプを施した限定モデル「Z24 RS」登場2018年5月13日

ZEMAITIS Z24 RS

ZEMAITIS(ゼマイティス)と言えばメタルフロントやパールフロントなど豪華な装飾が特徴のギターブランドですが、同ブランドの中でも最もシンプルなデザインのZシリーズ「Z24」から、ボディにスポーツカーを彷彿とさせるレーシングストライプが施されたリミテッド・モデル「Z24 RS」が登場しました。10万円前後とゼマイティス・ギターの中でも手に入れやすい価格帯となったモデルです。
ゼマイティス(Zemaitis)のギターについて
続きを読む!

ファンフレットのチョーキング事情2018年5月12日 , ライター:小林 健悟

ファンフレットギター ORMSBY GUITARS – TX GTR

《特集》ファンフレットのギターって、どんな感じ?(エレキギター博士)」の記事を作成する上で、ファンフレットについていろいろなことを勉強しました。その中で、ファンフレットを語る上で重要な要素の一つとして「ニュートラル・ポイント」というものが浮き出てきました。ニュートラル・ポイントとは、低音弦に向かって広がっていくファンフレットにおいて唯一、フレットと弦とが直交するところです。これには今のところ明確な基準がなく、12フレットや9フレットなど、メーカーやモデルごとにさまざまです。

ニュートラル・ポイントがどこにあるかは、単純な押さえやすさだけでなく、チョーキングの具合にこそ影響があります。今回はそこんところを考察していきます。
続きを読む!