• カテゴリ「コラム」に関する記事:全 39112 件目

【体験レポート】「ギターセミナー」ってどんな感じ?2019年8月23日 , ライター:小林 健悟

ギターセミナー

楽器店などでときおり開催される、著名ギタリストによる「ギターセミナー」や「ギタークリニック」。言葉は違えど同じ意味で使われているようですが、さて、どんなことが行われるんでしょうか。そんなわけで、お盆休みにケリー・サイモンさんが名古屋で開催するというギターセミナーを受講してきました。先日上梓したレッドハウス取材記事でも再三お名前が上がっていたケリーさんに加え、レッドハウス社長の石橋さんもいらっしゃる、超絶なイベントでした。
続きを読む!

《レビュー&取材》プロユースのギターストラップ「Elara Straps」2019年5月24日 , ライター:小林 健悟

ご夫婦で運営する「Elara Straps」ストラップ。奥さまお手製のかわいらしいポーチに入って送られます。ポーチのデザインは、何が来るのかお楽しみ。

「1万円オーバーのストラップ」って、どう思いますか?下手すりゃギター本体より高いんですよ。しかしこれがまた、格別に結構な代物なのです。そこで、高額ストラップの一例として岐阜県郡上市でハンドメイドされる「Elara Straps(エララストラップ)」をご紹介します。デザインと機能性、オーダーできるメリットなどが受けて、大物アーティストも含め、プロミュージシャンの間でじわじわと支持が広がっています。

徹底紹介と解説!おすすめのギターストラップ – エレキギター博士

続きを読む!

《体当たりレビュー》メタルセッションに参加してきました。2019年5月8日 , ライター:小林 健悟

ジャズやロックは、一人ではなかなかやりにくいジャンルです。伴奏音源に合わせるだけじゃ物足りない、やはり人間とバンドが組みたいんです。しかし誰しもバンドを組めるわけではありません。そんなわけで、その時、その場で集まったメンバーで演奏する「セッション」という形式はいろいろと好都合です。各地で開催されているセッションは、バンド演奏を楽しみたい、自分のスキルをもっと磨きたい、本番の経験が欲しい、という人にとって、まさに絶好の機会です。

セッションと言ってもジャズを中心にしたもの、初心者向けのものなど、イベントごとにいろいろな方向性があり、有名アーティストと一緒に演奏できちゃうセッションまであります。そんな中、GWに開催された「メタルセッション in 名古屋 with 菅沼孝三 vol.16(以下、メタルセッション)」に参加、どうやって参加するのか、どんな人が参加しているのかなどをレポートしていきます。セッションに興味がある人、バンドはやりたいけど結成にハードルを感じている人、初耳の人など、ぜひ参考にしてみてください。
続きを読む!

《体験取材》ギターを測定する機械「plek」って何だ?2019年2月2日 , ライター:小林 健悟

「plek (プレック)」というマシンがギター業界に広まっています。いろいろなメーカーでナット溝を切ったりフレットを整えたりするのに使われているようですが、世界各地のリペアショップでもビシっと調整するためにplekを導入する、というところが目立つようになってきました。「あの店にplekが入るらしい」なんて話がミュージシャン同士でうわさされることもしばしば。このplekとはどういうもので、どんなことができるのでしょうか。そんなわけで、名古屋大須の「GRACIAS(グラシャス)」を訪れ、plekを体験させてもらいました。グラシャスはいち早くplekを導入しています。「日本に3台しかない」と言われていた時代の1台が、ここグラシャスのplekです。plekは年に一回程度システムのアップグレードが行われるので、機能は最新です。
続きを読む!

ファンフレットのチョーキング事情2018年5月12日 , ライター:小林 健悟

ファンフレットギター ORMSBY GUITARS – TX GTR

《特集》ファンフレットのギターって、どんな感じ?(エレキギター博士)」の記事を作成する上で、ファンフレットについていろいろなことを勉強しました。その中で、ファンフレットを語る上で重要な要素の一つとして「ニュートラル・ポイント」というものが浮き出てきました。ニュートラル・ポイントとは、低音弦に向かって広がっていくファンフレットにおいて唯一、フレットと弦とが直交するところです。これには今のところ明確な基準がなく、12フレットや9フレットなど、メーカーやモデルごとにさまざまです。

ニュートラル・ポイントがどこにあるかは、単純な押さえやすさだけでなく、チョーキングの具合にこそ影響があります。今回はそこんところを考察していきます。
続きを読む!

コントロールポットのノブの調整2017年9月20日

コントロールポットのノブ

ギターのポット(ポテンショメーター)というパーツはボリュームやトーンの調整をする大事なパーツの一つですが、調整としての役割だけでなく見た目としても、大切なパーツになります。コントロールノブの状態が悪いモノだと、ある日突然「ポロっと」と落ちてしまったり、また取り付けても数日で取れてしまうということが起こり得ます。コントロールノブが取れてしまっているギターは見た目が壊れてしまっているようで、ライブでも格好がつきません。このページではノブのコンディションが悪くなった時に行う調整方法など紹介していきます。
続きを読む!

これからジャズギターを始めたいなら聞いておきたい:ジャズギタリスト10人2017年8月29日

ジャズギタリスト10人

大半の人がロックから入るエレクトリックギターの世界において、ジャズギターは敷居が高く難しいと思われがちです。ここでは、ジャズをあまり聴いたことがない人にもおすすめできるよう、ビバップ系の正当派ジャズから、フュージョンに近いサウンドを持ったギタリストまで、様々なジャンルにまたがって紹介しています。
続きを読む!

不可能に挑む職人。「辻四郎ギター工房」2016年10月7日 , ライター:小林 健悟

img_3006

「辻四郎ギター工房」は、「茶木弦楽器製作所(Chaki。京都府)」でキャリアを積んだギター職人、辻四郎氏の個人工房です。生まれ育った富山県南砺市の自宅に工房を構えたのが1974年、現在ではオーダーメイドのフルアコセミアコとフラットトップのアコースティックギターを製作しています。今回は、「日本のジャズギター製作第一人者」と呼び声高い辻四郎氏の工房を実際に訪れ、伺ってきたことを写真と共に紹介しようと思います。 続きを読む!

ギターを弾くハリウッドスター ギタリスト “Johnny Depp”2016年7月16日 , ライター:中前 議晴

ジョニー・デップ ポスター Alice In Wonderland

ジョニー・デップといえば、 シザーハンズやパイレーツ・オブ・カリビアンでのジャックスパローだったり、チャーリーとチョコレート工場でのウィリー・ウォンカ、アリス・イン・ワンダーランドでのマッドハッタ―など、日本でも人気の超売れっ子ハリウッド俳優として知られています。

最近では婚約者であるアンバー・ハードとの問題でニュースで見かける機会も多いですね。

そんなジョニー・デップですが、映画俳優の他にも”ギタリスト”としての一面も持ち合わせているのです。

しかも上手い。

今回は”ギタリスト”であるジョニー・デップを追ってみたいと思います。 続きを読む!

解散が噂されるAerosmith。誰もが耳にしたことのある名曲を振り返ってみよう!2016年7月12日 , ライター:中前 議晴

aerosmith_topAerosmith ROCKS DONINGTON

1973年、ハードロック・バンドとしてデビューしたAerosmith。
ですが、実際はブルースをルーツとしたロックンロールバンドでしょう。

ヒット曲も多く、CDのトータルセールスは、全世界で1億5,000万枚以上と言われているモンスターバンドです。

デビューから現在まで、ドラッグの問題やメンバーの一時脱退などの問題を抱えながらもロックスターとして歩んできました。

そのAerosmithのヴォーカルであるスティーブン・タイラーが先月、突然のバンドの解散宣言をしました。

これには著者も驚かされました。

しかし、今月に入りギタリストのジョー・ペリーが「解散はない」と発言をしています。

ん~、事の真偽はまだわかりませんが、ファンとしては解散せずにまだまだ活動を続けていただきたいですよね。

今後どうなるのか心配ではありますが、いったん彼らの名曲を聴き返してみませんか?

彼らの代名詞ともいえるヒット曲をいくつかピックアップしてみました。 続きを読む!