• カテゴリ「コラム」に関する記事:全 382536 件目

カッティングをマスターするならコレを聴け!Funkギタリスト8選2016年6月7日 , ライター:中前 議晴

N4VINTAGE

以前、ギタリストの必須テクニックとして「カッティング」についての記事、「まわりと差がつくギタリスト必須テクニック!あなたはちゃんとできますか?」を執筆しましたが、今回はそのカッティングを得意とするギタリストをまとめてみました。

彼らのカッティングは切れ切れのカッティングテクニックだけではなく、ボイシングやリフの作り方など非常に勉強になるものばかりです。

是非コピーしてご自身のギターに取り入れてみてください。 続きを読む!

あなたのギターが危険にさらされているかも!?梅雨時期対策してますか?2016年6月7日 , ライター:中前 議晴

57goldtop

いよいよ関東地方も梅雨入りしたようで、昨日も愚図ついた天気。
先月まではあんなに暑かったのに今朝もどんよりと曇って少し肌寒い朝に。

ギターは湿気に弱い楽器ということもあり、ギタリストには少しつらい季節がやってきました(´・ω・`)

今回はギターと湿度の関係と、その対策について書いていきたいと思います。 続きを読む!

超プレイヤー達の名カバー!ビートルズ編2016年5月19日 , ライター:森多 健司

91l7ue6WOhL._SL1500_ Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

ビートルズはその史上空前の影響力から「世界で最も成功したバンド」とされていますが、今やあらゆるミュージシャンでその影響を受けていない人はいないほどの存在です。曲作りにおいてのエポックメイキングな発想もさることながら、その楽曲のレベルの高さがその最大の理由であり、イエスタデイやサムシングなどは世界最高のカバー数を誇ります。

しかし、その反面カバーの難しさから「アレンジャー泣かせ」と言われており、その理由として「元々のアレンジが秀逸過ぎる」、「原曲のイメージが強すぎる」の二点がしばしば挙げられます。今回はそんな中で、プレイヤーの個性と原曲の素晴らしさをうまく引き出した名カバーを数点紹介します。プレイヤーの個性が出やすいという点で、一つを除いてはインストゥルメンタルもので選んでみました。 続きを読む!

オールジャンル対応OK!!仕事でも使える万能型ギター5選2016年4月2日 , ライター:中前 議晴

James Tyler Japan Studio Elite James Tyler Japan Studio Elite

メタルをやる時はピックアップがハムバッカーのギターを、ブルースやポップスをやる時はシングルピックアップがいい。
でもジャジーなこともやりたいし…

そうなんです..,
ギタリストって大概ワガママな生き物なんです。笑

とは言ってもそんなに沢山のギターを買う余裕はない…

そんなワガママなあなたの願いを叶えてくれるオールジャンルに対応可能なエレキギターを厳選してみました。
続きを読む!

超絶!タッピングの名手ギタリスト達2016年3月21日 , ライター:森多 健司

51ozHTTku3L stanley jordan DREAMS OF PEACE

右手で指板を叩いて音を出すライトハンド・タッピングは、今やアコースティックギタリストでさえ使う奏法として一般に定着しています。今回はそんなタッピングの名手にスポットを当ててみます。

ちなみに、エディ・ヴァン・ヘイレンがこれを広めた当時、日本ではライトハンド奏法と呼ばれていました。現在ではあまり使われない言葉ですが、昔のギター教本などを中古で入手したりすると、この呼び名で書かれています。 続きを読む!

スーパーギタリスト達と渡り合った、最強ボーカリスト特集2016年3月10日 , ライター:森多 健司

saikyo-vocalist

数多いギタリストの中でも、ギターヒーローと呼ばれるロックギタリスト達と数々共演している、希有なシンガーたちを特集。中には共演というか、アクの強いギタリストと喧嘩してさんざんな目に遭っている人もいますが、今回はそんな中でも特に有名な7人を取り上げました。 続きを読む!

ショップ店員のブルース:価格を下げるための企業努力の裏2016年2月25日 , ライター:小林 健悟

Blues0

マスター、ビールをくれ。人生のように苦いやつだ(お酒は二十歳になってから)。

ギターショップの店員は、お花畑のように大好きなギターに囲まれているだけの職業ではありません。個人的な悩み、業界に潜む矛盾。ロックが鳴り響く店内でも、店員の脳内ブルースマンは泣きのチョーキングビブラートを奏でているかもしれません。今回は、「ショップ店員の悲哀」をピックアップしたお話です。 続きを読む!

やっぱり似る?親子ミュージシャン特集2016年1月18日 , ライター:森多 健司

51lsu1IQ8DL._SS280

親子でミュージシャンというのは兄弟ミュージシャンほどではありませんが、それなりに多いものです。親が偉大であればそれに反発して違う道を行くか、あるいはそれに憧れて追従していくかのどちらかになりそうなものですが、後者にあたる人たちが、同じ音楽の道を志した結果と言えるでしょう。

今回はギタリストを含む親子を中心に特集してみました。
続きを読む!

変拍子で攻める!ギターインスト名曲特集2015年12月3日 , ライター:森多 健司

512AMaClavL

変拍子といえば、真っ先にプログレッシブロック的なものをイメージします。他にもReturn To Foreverのような路線を受け継いだフュージョン系のインストには、変拍子が効果的に使われているものも多々あります。今回はそんな、激しい変拍子が印象的なギターインスト楽曲を5曲まとめてみました。 続きを読む!

ギタリストなら知っておきたい新旧3大ギタリスト!ライブ映像まとめ2015年11月6日 , ライター:中前 議晴

51TK4LRLgDL

「3大ギタリスト」
ギタリストの会話の中でよく出てきますよね。

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジは誰もが認めるすばらしいプレイヤーです。そして現代の3大ギタリストがジョン・フルシアンテ、ジョン・メイヤー、デレク・トラックスですね。
そんな新旧3大ギタリストのライブ映像を集めてみました。

偉大なギタリストのライブ映像は刺激たっぷり、勉強になることも多々。よく観ると彼らが素晴らしいと言われている理由がわかるのではないでしょうか。 続きを読む!