• カテゴリ「コラム」に関する記事:全 381324 件目

スライドマスター:スライドギターをやるなら彼を聴け!2016年7月12日 , ライター:中前 議晴

derek Derek Trucks signature slide

多くのブルースギタリストが取り入れているスライドギター奏法。

指にボトルネック(スライドバー)といわれる筒状の装置をはめ、弦の上をすべるように動かし演奏する奏法です。

通常の演奏では得られない滑らかなニュアンスが得られ、スライドギターのとりこになってしまう人も非常に多いのです。

今回はそんなスライドギターの名手を集めてみました。

ボトルネック(スライド)奏法 – エレキギター博士

続きを読む!

ついに来日!次世代ブルースギタリスト Josh Smith に注目!2016年7月4日 , ライター:中前 議晴

joshsmith Don’t Give Up on Me – Josh Smith

いよいよ今月8日にせまったフロリダ出身のブルースギタリスト、”Josh Smith”(ジョシュ・スミス)の初来日公演。

日本での初公演は2016年7月8日の東京Blue Moodですね。

著者は個人的に、何年も前から大好きで、よく動画を見たりフレーズをコピーしたりしていたギタリストです。

ただやはり、日本での知名度はまだまだ、といった印象も否めません。
知っている人は知っているといったところでしょうか。

そこで、今回はブルースギタリスト、”Josh Smith”をピックアップしてみたいと思います。

著者オススメのブルースギタリスト。
皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです。 続きを読む!

現代のSRVを探せ!今SRVにいちばん近いギタリストは誰だ2016年6月22日 , ライター:中前 議晴

srv Texas Flood-30th Anniversary Edition

SRV = Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)

もはや説明は必要ないくらい偉大なブルースギタリストですね。

1990年、8月26日。
ウィスコンシン州イースト・トロイのアルパイン・ヴァレイ・ミュージック・シアターで行われたブルース・フェスティバルに出演。
その後、乗り込んだヘリコプターが墜落してなくなるという人生。
SRVは35歳。

死後26年、未だに現代のギタープレイヤーに影響を与え続けているギタリストです。

ボロボロに塗装のはげ落ちたストラト、極太の弦、マネをしてみた方も多いのではないでしょうか?

そんなSRVの影響を色濃く受けているギタリストがたくさんいますが、その中でも現代のSRVと呼べるであろうギタリストを集めてみました。 続きを読む!

ミュージシャンの命。耳をまもる音楽向けイヤープロテクターまとめ2016年6月18日 , ライター:中前 議晴

耳栓

あなたは最近、自分の耳が聞こえにくいと感じたことはありませんか?

急に片耳だけ耳が詰まったようになったり、人の声が聞こえづらくなるったりはしていませんが?

もし、耳が聞こえにくい状態がずっと続いているのであれば、それは”突発性難聴”かもしれません。

突発性難聴は突然片耳が聞こえにくくなる耳の病気のことです。

突発性難聴の患者数は、年間約4万人いるといわれています。

ウォークマンなどのポータブルミュージックプレイヤーの普及によりヘッドホン難聴になるひとが急増し、その数はここ10年で1.5倍にまで急増しているそうです。

そんな”突発性難聴”の中でも、ミュージシャンがなりやすいのが”伝音性難聴”です。

ライブハウスなどで長時間大きな音を聞き続けたり、ヘッドフォンで大音量で長時間音楽を聴き続けたりすることがその原因となりおこる耳の病気です。

ギタリストの場合、リハーサルスタジオやライブなどでアンプからでる大きな音や、ドラムのシンバルの音などが耳を傷める原因となります。

音を操るミュージシャンとしては耳が聞こえなくなることほど恐ろしいものはありません。

今回はみなさんの大事な耳を守る”イヤープロテクター”(耳栓)をご紹介します。 続きを読む!

今度の休みは映画を見よう!ギター好きなら一度は見ておきたい映画5選2016年6月16日 , ライター:中前 議晴

ros_top ロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラック

雨の続くこの梅雨時期、ジメジメするし蒸し暑いし、傘をさして人込みを歩くのは大変だし、出かけるのも億劫になりがちですよね。

そんな雨の日の休日は家でゆっくり映画鑑賞でもいかがでしょうか?

今回は休日を有意義に過ごすべく、ギター練習のモチベーションが上がるような映画を集めてみました!

ギター好きならどの映画も楽しめる映画ですよ♪ 続きを読む!

GN’Rが新曲作成中!?初期メンバーGN’Rの名曲を振り返ってみよう2016年6月16日 , ライター:中前 議晴

gn's アペタイト・フォー・ディストラクション

2016年4月1日、GUNS N’ ROSES(GN’S)がオリジナルメンバーであるSlash(Gt)とDuff McKagan(Bass)を迎えステージをこなし、4月8日から全米ツアーを行ったのは記憶に新しいことです。

SlashとDuffはあれだけボーカルであるAxl Rose(アクセル・ローズ)とバチバチやってましたからね。

この話を知ったときは驚きました。

そして先日、6月7日にAxl Roseがロンドンで行われたQ&Aセッションに出席。

その際に、

  • 新しいものに取り組んでいる。
  • スラッシュやダフ(マッケイガン)のためにプレイした。
  • 2人ともそれを気に入ってくれた。
  • 彼らがこれらに参加するかもしれない。

と説明していたようです。

!!!!!!

これが本当ならGN’Sでまたギターを弾くSlashが見れるわけですね!

もしかしたらSlashとDuffが参加してのジャパンツアー…
なんてことも、にわかに期待してしまいます。

事の真偽はまだわかりませんが、GN’SファンとしてはSlash、Duff在籍時代の名曲を振り返りながら朗報を心待ちにしましょう♪

では名曲5選!
いってみましょう♪
続きを読む!

超プレイヤー達の名カバー!レッド・ツェッペリン編2016年6月14日 , ライター:森多 健司

レッド・ツェッペリン Led Zeppelin

レッド・ツェッペリンはハードロックの始祖とも位置づけられている偉大なロックバンドの一つ。耳にこびりついて離れない印象的なリフや、プログレッシブロックのアーティストにも影響を与えた、音楽的構築度の高さなどから、様々なジャンルのアーティストにカバーされています。 続きを読む!

リリース25周年!名盤、Nevermind – Nirvana を振り返ってみよう2016年6月14日 , ライター:中前 議晴

Nevermind NIRVANA NEVERMIND

1987年、Kurt Cobain(Vo/Gt)、Krist Novoselic(Ba)、Dave Grohlのより結成。
1989年に”ブリーチ”にてデビューしたロックバンド、Nirvana。

そんな彼らの出世作、”Nevermind”。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

そうです、すっぽんぽんの赤ちゃんが水中で100ドル札に釣られそうになっているジャケットで有名ですよね。

こんな風にTシャツになったりしていて、そのバンTを街中で見かけることも多かったですね。

Nevermind _T
NIRVANA NEVERMIND

その”Nevermind”がリリースされたのが1991年9月。

そうです、ちょうど今から25年前。

特に日本では騒がれているわけではありませんが、アメリカでは25アニバーサリーと銘打たれた動画がアップされていたりしますね。

という事で、著者が勝手に”Nevermind”を振り返ってみたいと思います! 続きを読む!

自分を奮い立たせるならこれを聴け!テンション上がるメタルソング5選2016年6月13日 , ライター:中前 議晴

stonesour Stone Sour「COME WHAT(EVER)MAY」

著者は週に4日程、趣味で筋トレをすることが日課になっています。

ジムに足を運び、何十キロもあるプレートをバーベルにつけて上げ下げを行います。

そんな時に自分のテンションを上げるためイヤフォンをして大音量で音楽を聴いています。

なぜでしょうか?

それはやる気があがり、力が湧いてくるからです。

音楽は人間の心理状態に影響を与えていることが化学的にも解明されており、オリンピックの選手や各方面のアスリートさえも、気持ちを上げるため・気持ちを落ち着かせるために本番前に音楽を聴いているという事はよく聞く話です。

音楽は精神的なコントロールを助けてくれるのです。

選曲はアップテンポでパワフルなイメージのものが良いようです。

そこで今回は、自分を奮い立たせてくれるような”アップテンポでパワフル”な音楽を集めてみました。 続きを読む!

今どきのギター落下防止対策 ストラップピンまとめ2016年6月10日 , ライター:中前 議晴

PolyLock Strap

ライブやスタジオでギターを弾く際はストラップを使ってギターを肩にかけて弾くことが多いかと思います。

ドラムもベースもいて大音量でかき鳴らして、ノリノリで気持ちよく飛んだり跳ねたり。

が、
そのとき!!

ガコーンという鈍い音と共にストラップからギターが外れてヘッドが地面へ落下。
もしくはボディーが地面に激突。

激突する前に止めることができればいいのですが、落下してしまったらペグが曲がったりネックが折れたり、ボディーに大きく傷がついたりと、もう泣くしかありません。

そうなんです、デフォルトでギターについているストラップピン。
これに通常市販されているストラップをつけて使っていると、ストラップの穴がだんだんと広がってきてしまい、いつかはストラップが外れてしまうという災難に合うことが多いのです。

そこで、そんな災難に合わない為に防止策をまとめてみました。 続きを読む!