• カテゴリ「ギターテクニック」に関する記事:全 43112 件目

ローコードで指を鍛える!2016年10月10日 , ライター:澤田 卓也

20160917_170917531_ios

コードを押さえたままある指だけを動かすことは、指の独立にとても有効です。
今回はローコードを使って指の練習をしてみましょう!
続きを読む!

どうすれば弦を上手く押さえられるのか?2016年9月19日 , ライター:澤田 卓也

コードが上手くならない、指が痛くなってしまう、というような話をよく聞きます。
特にアコースティック・ギターはエレクトリックに比べ、弦が太く押さえるのが難しい。

なぜ弦が上手く押さえられないのか?
それをどうすれば押さえられるようになるのか?

その辺りをまとめてみました。 続きを読む!

モードについて その12016年9月17日 , ライター:澤田 卓也

メジャー、マイナー各調でのコード進行以外に曲の一部で通常とは違う動きかたをすることがあります。
「ここはミクソリディアンで」とかいうのを聞いた事があると思います。

他にはコード一つか二つでジャム・セッションなどをする時に「ドリアン一発で」演奏したりします。

この場合のミクソリディアンやドリアンはスケールというよりも「ミクソリディアン・モード」や「ドリアン・モード」と指しています。
モードって何でしょう? 続きを読む!

80’sハードロックの定番リフを攻略しよう2016年7月9日 , ライター:森多 健司

ハードロック・リフ

コード+低音ルートの連続で8分音符をつなげていく、80~90年代にかけて特に多いギターリフの形態。メタリックな疾走感に低音部の迫力が同居し、特にエレキギターのカッコ良さが引き立つタイプのリフと言えます。

一見簡単そうに見えるこの手のリフの弾き方ですが、やってみると意外に原曲のようなスピード感が出なかったりします。今回はそんなリフの攻略法を考えてみましょう。 続きを読む!

ブルースセッション。本当にマイナーペンタ1発で平気?適切な音を見極めよう!2016年6月17日 , ライター:中前 議晴

Jack Box Nite Vo.10a

「今までずっとロックが好きだったけどブルースもできるようになりたい!」

著者の受け持つ生徒さんでもこのような方は沢山いらっしゃいます。
ちょっと大人な音楽もやってみたい、ひとりで弾いていても楽しそう、最近はセッションにも興味が出てきた、というのが理由のようです。

ブルースを勉強しようと思ったとき、多くの方がネットで調べてみたり、教則本を購入する方が多いと思います。

すると、大抵のHPや本には「マイナーペンタトニックを覚えよう!」だとか「マイナーペンタトニックを覚えればブルースは弾けますよ!」という内容が初めに出てきます。

はい、間違いではありません。

ただし、使い方を間違えるとトンデモナイ外れた音を弾いてしまう危険性も秘めたスケールなのです。

そこで今回は、何が危険なのか、どうやって弾けばいいのか、という部分を書いていきたいと思います。

是非参考にしてみてください。 続きを読む!

ソロが苦手?それなら新しい武器(アプローチ)を手に入れよう!2016年5月27日 , ライター:中前 議晴

81+gI3AumpL__SL1500_ METAL GEAR SOLID PEACE WALKER

ギターソロを弾くとなんか毎回同じになってしまう…
セッションで手癖しか出てこない…

そんな経験は誰しもあると思います。

そこで今回はそんなマンネリを打破する1つの武器を身に着けていきたいと思います。

これを使えるようになればフレーズも増えるし、どんな難解なコード進行が出てきても困ることはありません!! 続きを読む!

幽玄なる響き、オープン・ハイコード特集2016年4月4日 , ライター:森多 健司

DSCF9832

開放弦の混じった、基本的なフォームをオープンコード、セーハを使ったハイポジションのコードをバレーコード、あるいはハイコードと呼びますが、それらを混ぜ合わせた、「ハイポジションのフォームに開放弦を混ぜた形」を通称してオープンハイコードと呼ぶことがあります。弦ごとの音の高低が逆転したりすることもあり、独特の美しい響きが特徴ですが、今回はこの中でも使いやすいものをいくつか御紹介します。

便宜的にテンション名の入った難しい正式名で表記していますが、この名前を覚える必要はなく、○○の代わりに使える、という程度の認識で十分だと思います。 続きを読む!

速弾きができない人の5つの特徴2016年3月4日 , ライター:中前 議晴

cubace

速弾き

Rock. HR/HMなどのジャンルの音楽では特に多く登場し、その華麗なプレイに自分もあんな速いフレーズを弾いてみたいと憧れる方も多いのではないでしょうか?

しかし、多くの方が速弾きを練習し苦い思いをし挫折、もしくは速弾きなんて必要ないという結論に至ってしまう方も多いのが現実です。

かく言う著者も速弾きは苦手でした。

そんな著者の練習経験とギター教室にお越しいただいている生徒さんの傾向から今回は速弾きができない人の特徴をまとめてみました。

少し厳しい事も含まれていますが自分に当てはまってしまっていないかチェックしてみてください。
続きを読む!

〇〇風フレーズ。偉大なギタリスト達のシグネチャーLickを覚えよう♪2015年12月24日 , ライター:中前 議晴

71nvHT-KKjL__SL1500_ Paul Gilbert Vibrato

偉大なギタリストの多くは「このフレーズは誰々のフレーズだ!!」と一聴してわかるフレーズ・リックを持っているものです。

「手癖」などと言われることもあります。

そこで、今回はこのフレーズを弾けば〇〇風のギターが弾けるというシグネチャーLickをいくつかご紹介してみたいと思います。 続きを読む!