声を出さずにハイトーン獲得!?「ハイトーントレーナー」使用レビュー[記事公開日]2022年4月20日
[最終更新日]2022年04月20日
[ライター]ソロモンの 猫

声を出さずに出来るボイトレの記事を以前書きましたが、今回、とても面白そうなボイトレアイテムを発見しました。

その名も「ハイトーントレーナー」というアイテムで、「声を出さない3分ボイトレ」をキャッチフレーズにして楽器屋で販売されていました。

今回の記事は「ハイトーントレーナー」の役割と、実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

ハイトーントレーナーを…
AAmazonで探す R楽天で探す

自宅で大声を出さなくても出来るボイトレ5選!!

ハイトーントレーナーとは?

株式会社ドリームから販売されているボイトレアイテムです。

口に咥えることで、「発声の安定」「高音UP」「声の印象UP」「カラオケ練習」の効果が期待できるとの記載があります。

 

ハイトーントレーナーを咥えながら軟口蓋を持ち上げる練習をします。

軟口蓋を持ち上げてキープする力を鍛えることで、高音が出しやすくなったり、この響きが豊かになるというわけです。

 

 

軟口蓋とは?

ボイトレを受けている方は「軟口蓋」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

 

舌を前歯の裏に当ててみて下さい。

そのまま舌を上顎に付けたまま奥の喉ちんこの方に動かしていきます。

すると、硬い感触だったエリアから、喉ちんこの方に行くに連れて柔らかい感触のエリアになるのがわかると思います。

この舌で触れた時に柔らかい上顎の部分が軟口蓋です。

 

ボイトレではよく「軟口蓋を持ち上げて」と言われます。

軟口蓋と喉ちんこは繋がっているので、「軟口蓋を持ち上げる」=「喉ちんこを持ち上げる」ことです。

鏡で口を開けて、喉ちんこを上に持ち上げようとしてみて下さい。

軟口蓋も上に持ち上がるのが分かると思います。

 

ではなぜ、軟口蓋を持ち上げることが歌において大切なのでしょうか。

 

それは声の共鳴のスペースを広く確保することで、声の響きを豊かなものにする為です。

狭い空間よりも、広い空間の方が音はより響きます。

 

軟口蓋を持ち上げ、その状態をキープしたまま歌うことが出来れば、豊かな響きが得られるので結果的に良く通る声になりますし、声量もアップします。

高音が上手く出せないことには様々な原因が考えられますが、軟口蓋を持ち上げることで綺麗に高音を出せるようになるケースもあります。

 

このハイトーントレーナーは、「軟口蓋を持ち上げる」という感覚を体感し、その力を鍛えることが出来るアイテムなのです。

ハイトーントレーナーの使い方

上の歯をⒶに当て、下の歯を①の場所に当てて咥えます。

 

上下の歯は噛みしめず歯を置くイメージで咥えます。

 

普通に咥えると球体の部分が軟口蓋に触れると思います。

そこから軟口蓋を持ち上げて、球体が触れないようにします。

この状態を3分間キープするだけ。

 

慣れないと最初結構しんどいです。

軟口蓋を高く持ち上げるほど効果も高くなります。

 

眉毛(眉間)を上げるようにすると軟口蓋が持ち上がりやすいので試してみて下さい。

最初は無理せず、休憩を挟みながら少しずつ時間を伸ばしていくと良いでしょう。

 

人によって口の中の大きさは違う為、球体が軟口蓋に当たらない場合があります。

その場合は、上の図のA~Cの間で咥える位置を変えてみて下さい。

軟口蓋に球体が触れるポジションを見つけたら、その位置でトレーニングを行って下さい。

 

 

ハイトーントレーナーの取り扱い方法

 

初回開封後は中性洗剤や石鹸を使用してぬるま湯または水でよく洗浄しアルコール等で消毒を行って下さい。

使用前後も同じく中性洗剤や石鹸を使用しぬるま湯または水でよく洗浄しアルコール等で消毒を行い、よく乾かして下さい。

 

付属のケースは保管、持ち運びに便利です。

 

 

 

[使ってみた感想]

こちらのハイトーントレーナーを実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

使い方は非常に簡単。

ハイトーントレーナーを口に咥えて、球体が軟口蓋に触れないように、軟口蓋を持ち上げた状態を3分間キープするだけ。

 

自分の場合は一番標準のAの位置に歯を置くと球体が軟口蓋に触れました。

そこから軟口蓋を持ち上げて3分間キープにチャレンジしてみました。

これやってみるとわかりますが、結構しんどいです。

喉の奥上がぴーんと伸び切った感じになり、普段使わない筋肉を使っている感覚があります。

「軟口蓋を持ち上げる」という感覚、なかなかピンと来ない方も多いと思いますが、ハイトーントレーナーを使えばその感覚が一発で掴めそうです。

 

3分間トレーニングをした後に歌ってみると、声の響きがいつもと少し違う感じがしました。

上の部分(軟口蓋)が持ち上がり安くなり、共鳴が豊かになった感覚が確かにあります。

声量も少しですがアップする感覚があります。

 

高音も幾分かいつもより出しやすい気がします。

正直そこまで期待していなかったのですが、これは毎日続けたらかなり声が変わるかもしれないと思いました。

 

軟口蓋を持ち上げる感覚を掴むのにもかなり良いアイテムですし、軟口蓋を持ち上げる筋肉を鍛えることで共鳴スペースが確保でき、よく通る声を手に入れることが出来そうです。

歌う前のウォーミングアップにもとても良いと思います。

 

ただし、このアイテムで軟口蓋を持ち上げる練習だけをしていても、高音域はそこまで広げられない気はしました。

「出せない高音域が出せるようになる」というよりかは、「既に出せる高音域がより綺麗に楽に出せるようになる」アイテムかなと思います。

続けていけば音域も少しは広がるかもしれませんが、軟口蓋を持ち上げる練習だけでは恐らくカバーしきれない音域はあると思います。

 

とはいえ、このハイトーントレーナーを使っていれば、かなり声は変わると思います。

高い声を出したい人向けというよりかは、よく通る声を手に入れたい、声量が小さくて悩んでいる、といった方に向いているのではないでしょうか。

 

また、このハイトーントレーナーを使い続ければ、ハイトーントレーナーなしでも軟口蓋を持ち上げた状態を維持する筋トレを自分で行えるようになると思います。

そうしたらしめたもので、電車での移動中も声を出さずに歌の練習やウォーミングアップが出来ます。

 

自分の声があまり通らない、響きがない、声色が好きじゃないなどと悩んでいる方には、ハイトーントレーナーを買ってトレーニングしてみることオススメします。

まとめ

ハイトーントレーナーは咥えて軟口蓋を持ち上げる練習をするアイテム。

軟口蓋を持ち上げることで、よく通る声を手にすることが出来ます。

 

「これさえやっておけば高音が出せるようになる」といった万能薬ではないものの、これを使って日々トレーニングすれば確実に声は良くなると思います。

 

「軟口蓋を持ち上げる」というのは高音を出す為に必要な一つの要素に過ぎないので、高音を出せるようになることが目的の方は、他の練習と並行して使うことをオススメします。

 

価格は¥2980と、それほど高くはありませんので、自身の声質に納得がいってない方ははハイトーントレーナーを使って軟口蓋を持ち上げる練習をすることで、新しい扉を開くきっかけになるかもしれません。

ハイトーントレーナーを…
AAmazonで探す R楽天で探す

ライター:ソロモンの 猫

法政大学文学部日本文学科卒業。大学在学中、小説、詩、文章の書き方を学ぶ。2020年よりフリーライターとして音楽をメインに幅広いジャンルの記事を執筆中。 @soromonnoneko