エレキギター博士:新着記事
2017年4月22日 《伝統を、ただ守るのではなくて》神田商会ゼマイティス訪問インタビュー
2017年3月28日 ハーモニックマイナースケール
2017年3月27日 Fender Japan Exclusiveテレキャスター徹底分析!
2017年3月20日 メキシコ製フェンダー・テレキャスター徹底分析!
2017年3月19日 Squier by fender:スクワイヤのギターについて

スーパーギタリスト達と渡り合った、最強ボーカリスト特集2016年3月10日 , ライター:森多 健司

saikyo-vocalist

数多いギタリストの中でも、ギターヒーローと呼ばれるロックギタリスト達と数々共演している、希有なシンガーたちを特集。中には共演というか、アクの強いギタリストと喧嘩してさんざんな目に遭っている人もいますが、今回はそんな中でも特に有名な7人を取り上げました。 続きを読む!

速弾きができない人の5つの特徴2016年3月4日 , ライター:中前 議晴

cubace

速弾き

Rock. HR/HMなどのジャンルの音楽では特に多く登場し、その華麗なプレイに自分もあんな速いフレーズを弾いてみたいと憧れる方も多いのではないでしょうか?

しかし、多くの方が速弾きを練習し苦い思いをし挫折、もしくは速弾きなんて必要ないという結論に至ってしまう方も多いのが現実です。

かく言う著者も速弾きは苦手でした。

そんな著者の練習経験とギター教室にお越しいただいている生徒さんの傾向から今回は速弾きができない人の特徴をまとめてみました。

少し厳しい事も含まれていますが自分に当てはまってしまっていないかチェックしてみてください。
続きを読む!

ショップ店員のブルース:価格を下げるための企業努力の裏2016年2月25日 , ライター:小林 健悟

Blues0

マスター、ビールをくれ。人生のように苦いやつだ(お酒は二十歳になってから)。

ギターショップの店員は、お花畑のように大好きなギターに囲まれているだけの職業ではありません。個人的な悩み、業界に潜む矛盾。ロックが鳴り響く店内でも、店員の脳内ブルースマンは泣きのチョーキングビブラートを奏でているかもしれません。今回は、「ショップ店員の悲哀」をピックアップしたお話です。 続きを読む!

ロックギタリスト達の奏でるアコースティック名曲特集2016年2月14日 , ライター:森多 健司

アコースティック名曲

日頃エレキギターで速弾きをしまくっているロック系ギタリストですが、バンドの曲の中では一服の清涼剤的な役割としてアコギが登場することも珍しくありません。今回は90年代以降のハイテクニック・ギタリスト達のアコースティックギターの名曲にスポットを当てたいと思います。
続きを読む!

ギブソン系ブリッジ周りのアップグレード2016年2月8日 , ライター:澤田 卓也

IMG_2386

2大ギターメーカーといわれるギブソン
レスポールや335等他のブランドのコピーモデルを含め、使っている人は多いのではないでしょうか?

今回はギブソン系のブリッジ周りのパーツを交換して音質のグレードアップをしてみましょう! 続きを読む!

やっぱり似る?親子ミュージシャン特集2016年1月18日 , ライター:森多 健司

51lsu1IQ8DL._SS280

親子でミュージシャンというのは兄弟ミュージシャンほどではありませんが、それなりに多いものです。親が偉大であればそれに反発して違う道を行くか、あるいはそれに憧れて追従していくかのどちらかになりそうなものですが、後者にあたる人たちが、同じ音楽の道を志した結果と言えるでしょう。

今回はギタリストを含む親子を中心に特集してみました。
続きを読む!

ジャズギタリストは、なぜストラトを使わないのか2016年1月5日 , ライター:小林 健悟

The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery

ジャズギタリストは、なぜストラトキャスター・タイプのエレキギターを使わないのでしょうか。コードプレイならさておき、特にクリーントーンでリードを取るプレイヤーに、ストラトの名手はいません(ご存知なら、是非教えて下さい!)。

これはストラトが抱えている、「弦ごとの音量がバラついている」という如何ともしがたい問題が一因だと考えています。そこで今回は、どうしてバラつくのか?またどうすりゃいいのか?を考えていこうと思います。

続きを読む!

〇〇風フレーズ。偉大なギタリスト達のシグネチャーLickを覚えよう♪2015年12月24日 , ライター:中前 議晴

71nvHT-KKjL__SL1500_ Paul Gilbert Vibrato

偉大なギタリストの多くは「このフレーズは誰々のフレーズだ!!」と一聴してわかるフレーズ・リックを持っているものです。

「手癖」などと言われることもあります。

そこで、今回はこのフレーズを弾けば〇〇風のギターが弾けるというシグネチャーLickをいくつかご紹介してみたいと思います。 続きを読む!

フロアタイプ・プリアンプ特集2015年12月23日 , ライター:森多 健司

51nijbKG7GL

意気込んでエフェクターボードを持ち込んで、いざスタジオへ!…ところが、音を作ろうとした矢先に、常設アンプのショボさにフラストレーションが溜まった経験のある方は少なくないでしょう。いくらエフェクターが良くても、肝心のアンプがダメでは話になりません。個人的にマーシャルは特に酷い場合が多いと感じます。

そんなときに、エフェクターボードに忍ばせておくと安心なのが、フロアタイプのプリアンプ。そのまま歪みエフェクターのようにアンプのインプットに直接挿すも良し、アンプのリターン端子に接続するも良し、一つあると安心です。 続きを読む!