エレキギター博士:新着記事
2018年12月12日 Diezelのペダル「VH4-2 PEDAL」「Herbert PEDAL」を弾き比べてみた!
2018年12月11日 伝統の継承者たち~進化したストラト10選~
2018年12月7日 《業務用定番機》Fender American Professional Telecaster
2018年12月7日 《メイドインUSAを多くの人に》Fender American Special Telecaster
2018年12月6日 《伝統を受け継いだ最先端》Fender American Elite Telecaster

超プレイヤー達の名カバー!レッド・ツェッペリン編2016年6月14日 , ライター:森多 健司

レッド・ツェッペリン Led Zeppelin

レッド・ツェッペリンはハードロックの始祖とも位置づけられている偉大なロックバンドの一つ。耳にこびりついて離れない印象的なリフや、プログレッシブロックのアーティストにも影響を与えた、音楽的構築度の高さなどから、様々なジャンルのアーティストにカバーされています。 続きを読む!

リリース25周年!名盤、Nevermind – Nirvana を振り返ってみよう2016年6月14日 , ライター:中前 議晴

Nevermind NIRVANA NEVERMIND

1987年、Kurt Cobain(Vo/Gt)、Krist Novoselic(Ba)、Dave Grohlのより結成。
1989年に”ブリーチ”にてデビューしたロックバンド、Nirvana。

そんな彼らの出世作、”Nevermind”。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

そうです、すっぽんぽんの赤ちゃんが水中で100ドル札に釣られそうになっているジャケットで有名ですよね。

こんな風にTシャツになったりしていて、そのバンTを街中で見かけることも多かったですね。

Nevermind _T
NIRVANA NEVERMIND

その”Nevermind”がリリースされたのが1991年9月。

そうです、ちょうど今から25年前。

特に日本では騒がれているわけではありませんが、アメリカでは25アニバーサリーと銘打たれた動画がアップされていたりしますね。

という事で、著者が勝手に”Nevermind”を振り返ってみたいと思います! 続きを読む!

自分を奮い立たせるならこれを聴け!テンション上がるメタルソング5選2016年6月13日 , ライター:中前 議晴

stonesour Stone Sour「COME WHAT(EVER)MAY」

著者は週に4日程、趣味で筋トレをすることが日課になっています。

ジムに足を運び、何十キロもあるプレートをバーベルにつけて上げ下げを行います。

そんな時に自分のテンションを上げるためイヤフォンをして大音量で音楽を聴いています。

なぜでしょうか?

それはやる気があがり、力が湧いてくるからです。

音楽は人間の心理状態に影響を与えていることが化学的にも解明されており、オリンピックの選手や各方面のアスリートさえも、気持ちを上げるため・気持ちを落ち着かせるために本番前に音楽を聴いているという事はよく聞く話です。

音楽は精神的なコントロールを助けてくれるのです。

選曲はアップテンポでパワフルなイメージのものが良いようです。

そこで今回は、自分を奮い立たせてくれるような”アップテンポでパワフル”な音楽を集めてみました。 続きを読む!

これで君もジミヘン!ジミ・ヘンドリクスになりきれる現行品の機材2016年6月12日 , ライター:中前 議晴

jimi1

天才ギタリストとして今もなお後世のギタリストに大きな影響を与え続けているJami Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)、通称”ジミヘン”。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で1位に選ばれているなど、未だにフォロワーの絶えないギタリストです。

ロックのルーツを辿ると嫌でもジミヘンにたどり着きます。

今回はそんなジミヘンのサウンドを探求すべく、現在店頭で購入できる機材でジミヘンを目指してみたいと思います♪ 続きを読む!

レスポールがいちばん似合うギタリストは誰だ!Les Paul使い特集2016年6月11日 , ライター:中前 議晴

ギブソン・レスポール:LPR58

GibsonといえばFenderと並びギタリスト憧れのギターブランドですよね。
ギターを弾かない人でも”Gibson”という名前を知っているという方は多いのではないでしょうか?

最近では、Gibson、FenderにPaul Reed Smithを加え現代の3大ギターという方もいますね。

そんなGibsonの人気モデルレスポール(Les Paul)モデルがトレードマークとなっているロックレジェンド達を集めてみました! 続きを読む!

今どきのギター落下防止対策 ストラップピンまとめ2016年6月10日 , ライター:中前 議晴

PolyLock Strap

ライブやスタジオでギターを弾く際はストラップを使ってギターを肩にかけて弾くことが多いかと思います。

ドラムもベースもいて大音量でかき鳴らして、ノリノリで気持ちよく飛んだり跳ねたり。

が、
そのとき!!

ガコーンという鈍い音と共にストラップからギターが外れてヘッドが地面へ落下。
もしくはボディーが地面に激突。

激突する前に止めることができればいいのですが、落下してしまったらペグが曲がったりネックが折れたり、ボディーに大きく傷がついたりと、もう泣くしかありません。

そうなんです、デフォルトでギターについているストラップピン。
これに通常市販されているストラップをつけて使っていると、ストラップの穴がだんだんと広がってきてしまい、いつかはストラップが外れてしまうという災難に合うことが多いのです。

そこで、そんな災難に合わない為に防止策をまとめてみました。 続きを読む!

ルーパー機能が追加!DigiTechのスーパーマシンTRIOにNewバージョン登場2016年6月9日 , ライター:中前 議晴

TRIO_Plus-Top

自分弾いたコードとテンポを感知しドラムとベースラインまで付けてくれる。
ひとりなのにベースとドラムが一緒に演奏してくれる。

そんな一人遊びが出来ちゃうDegiTechのスーパーマシン、 TRIO Band Creator。

以前このHPでも記事として取り上げましたのでご存知の方も多いと思います。
ひとりで3ピースバンドができちゃうスーパーマシン「DegiTech TRIO Band Creator」

そんなTRIO Band Creatorが機能を追加して新しくなりました!
どのように変わったのか見ていきましょう。 続きを読む!

最新モデリングギター【VOX/Starstream Type 1】の実力を検証!2016年6月8日 , ライター:中前 議晴

VOX Starstream Type 1

モデリングギターと言われるとみなさんは何を思い浮かべますか?
モデリングアンプはLine6などのおかげでかなり世の中に広まった感がありますがギターの場合はどうでしょう。

ビンテージ志向の強いギター業界からすると真逆に位置するハイテクギターのモデリングギター。

JAMES TYLER の VARIAX(Line6)だったり、Roland G-5 VG Stratocaster といった機種が有名でしょうか。

今回は2016年5月に発売になったVOXの最新モデリングギター、「Starstream」をご紹介します。

VOXのエレキギターについて

続きを読む!

カッティングをマスターするならコレを聴け!Funkギタリスト8選2016年6月7日 , ライター:中前 議晴

N4VINTAGE

以前、ギタリストの必須テクニックとして「カッティング」についての記事、「まわりと差がつくギタリスト必須テクニック!あなたはちゃんとできますか?」を執筆しましたが、今回はそのカッティングを得意とするギタリストをまとめてみました。

彼らのカッティングは切れ切れのカッティングテクニックだけではなく、ボイシングやリフの作り方など非常に勉強になるものばかりです。

是非コピーしてご自身のギターに取り入れてみてください。 続きを読む!

あなたのギターが危険にさらされているかも!?梅雨時期対策してますか?2016年6月7日 , ライター:中前 議晴

57goldtop

いよいよ関東地方も梅雨入りしたようで、昨日も愚図ついた天気。
先月まではあんなに暑かったのに今朝もどんよりと曇って少し肌寒い朝に。

ギターは湿気に弱い楽器ということもあり、ギタリストには少しつらい季節がやってきました(´・ω・`)

今回はギターと湿度の関係と、その対策について書いていきたいと思います。 続きを読む!

松本孝弘(B’z)Gibsonシグネチャモデル経歴2016年6月6日 , ライター:中前 議晴

tak_guitar_ ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ Single

日本を代表するギタリストであり、作曲家・アレンジャー・音楽プロデューサーでもある松本氏(Tak Matsumoto)。

彼がギターを弾くB’zは日本人なら誰しも知っている音楽ユニットなのではないでしょうか?

ギターの技術は素晴らしく、B’zでのデビュー以前は浜田麻里やTM NETWORKでレコーディングやライブなどのスタジオワークをこなしていたほどです。

2011年にはラリー・カールトンと共にグラミー賞まで取ってしまいました。

そんな松本氏は、世界で5人目のGibsonとシグネチャー契約を交わしたアーティストです。
アジア人では初。

1999年より契約は続いており、今もなお彼のシグネチャモデルは発表されています。

そんなシグネチャモデルも既に4台目。

今回はそんな彼のGibsonシグネチャモデル4機種をまとめてみました。 続きを読む!