アーティストグッズを作ろう〜オススメのアーティストグッズ&グッズ製作サイト5選〜[記事公開日]2021年6月17日
[最終更新日]2021年06月17日
[ライター]ソロモンの 猫

アーティストグッズ

音楽活動で収益を上げていく中で、物販はとても重要です。

物販でCDを販売するのは当然ですが、物販にお客さんの目を引く素敵なアーティストグッズがあると、更に収益を上げることが出来ます。

今回はオススメのアーティストグッズと、それを作るオススメのグッズ製作サイトをご紹介していきたいと思います。

①タオル

アーティストグッズの定番ですね。

タオルと言っても、ハンドタオル、マフラータオル、フェイスタオルなど様々な種類があります。

ライブでよくお客さんが肩にかけているグッズのタオルはマフラータオルが一般的です。

フェイスタオルも肩にかけられますが、マフラータオルに比べると少し短いです。

小さめのハンドタオルなども可愛いですが、やはりライブに持っていって肩にかけたり、回したり出来るマフラータオルやフェイスタオルの方がお客さんには人気があると思います。

オススメのグッズ製作サイトは、タオル本舗です。

 

タオル本舗

タオル製作に特化したサイトで、取り扱っているタオルの種類の豊富ですし、値段も安いです。

フェイスタオルだと50枚、3万円前後で作れます。

1枚あたり約600円の単価になりますので、2000円で売れば1枚で1400円もの利益になりますね。

Tシャツも同じサイトで製作すると5%オフになるので、ここでまとめてTシャツも一緒に作るのもアリだと思います。

②Tシャツ

こちらもアーティストグッズのド定番でライブの物販では売れ筋の商品です。

先程、紹介したタオル本舗さんでTシャツを作るのも良いのですが、個人的にはオリジナルプリントもオススメです。

 

 

オリジナルプリント

オリジナルプリントはTシャツをはじめ、1900種類以上のアイテムに1点からプリントできるオンデマンドプリントサービスです。

Tシャツ以外にも、パーカー、タオル、マグカップ、サコシュなど何でも作ることが出来るのでアーティストグッズ製作に迷ったら、ひとまずここのサイトを見てみると良いです。

Tシャツだけでもかなりの種類がありますので、きっと好みのTシャツが作れると思います。

Tシャツやタオルなどの身につけるグッズはライトなファンは購入しづらいので、最初はそこまで沢山作らなくてもよいかもしれません。

参考までにオリジナルプリントでTシャツを50枚作ると、生地やプリントの種類にもよりますが、安いものだと4万円以下で作れてしまいます。

Tシャツ50枚作って4万円は驚くべき安さです。

1枚あたり800円なので、こちら¥2000で販売すれば1枚あたり1200円の利益です。

③ピック

意外とグッズでオススメなのが、ピックです。

タオル、Tシャツ、パーカーなどの身につける類のものはそれなりにコアなファンでないと購入には至らないのが現状です。

しかし、ピックのような小物は初めてライブを観てくれたような方にも気軽に買ってもらうことが出来ます。

ギターをやっている人は勿論、そうでない人も「ライブの記念に」と買いやすいのです。

 

ピックの製作であれば、グッズモール50がオススメです。

 

グッズモール50

ここのサイトもアーティストグッズを幅広く扱っているので、覗いてみると参考になると思います。

グッズモール50で実際にピックを作ってみたところセルロースピック100枚で(片面1色、ホットスタンプ)で12430円でした。(100枚以下の製作はこのサイトでは製作出来ません。)

 

アーティストグッズとしてピックを販売するなら300円〜500円くらいが相場でしょうか。

あまり利益率は高くありませんが、ライブの記念として買って帰れるグッズとしてピックはとても良いですよ。

④ラバーバンド、ブレスレット

ライブの時に身につけることが出来て、気軽に購入出来るものといったらやはりラバーバンドでしょう。

バンドのグッズの定番ですね。

Tシャツやタオルは製作する際デザインに悩むと思いますが、ラバーバンドはシンプルに「アーティスト名」や「イベント名」「日付け」を入れるだけでも全然良いのでそ、の点も凄く楽で良いです。

Tシャツを着るのはちょっと抵抗があるという人でも、ラバーバンドくらいなら身につけやすいと思います。

ラバーバンド製作でオススメのサイトはGOODS EXPRESSです。

 

 

GOODS EXPRESS

このサイトではラバーバンドは勿論のこと、本革を使ったオリジナルのブレスレットも製作することが出来ます。

値段はそれなりにしますが、他のアーティストとはちょっと違ったグッズを作りたいという方にはこちらの本革ブレスレットもとても可愛くてオススメです。

⑤エコバッグ

アーティストグッズを作る上で、お客さんが日常生活で実用的なものを出すというのも一つの手です。

例えば、昨年からレジ袋が有料化されたのでエコバッグは需要が高くなっていると言えます。

アーティストグッズにエコバッグがあったら、好きなアーティストのグッズを使おうと思う人は多いのではないでしょうか。

エコバッグに関しては、個人的にはプラスワンインターナショナルがオススメです。

 

 

プラスワンインターナショナル

こちらのサイトも様々なオリジナルグッズを扱っています。

 

コロナウィルスが流行るようになってからオリジナルのマスクを作るアーティストもとても増えています。

こちらのサイトではオリジナルのマスクの製作も可能ですので、エコバッグやマスクといった今の世の中に合ったグッズを作るのも良いでしょう。

まとめ

[オススメのアーティストグッズ]

①タオル

②Tシャツ

③ピック

④ラバーバンド

⑤エコバッグ

 

[オススメのグッズ製作サイト]

①タオル本舗

 ②オリジナルプリント

③グッズモール50

④GOODS EXPRESS

⑤プラスワンインターナショナル

 

 

アーティストグッズは実際何がよく売れるのか、どのグッズが利益が出やすいのか、悩む方も多いと思います。

現役のアーティストさんの話を聞いた限りではやはり、タオルやTシャツは利益が出やすいようです。

これは販売の単価を高めに設定できるという点が大きいと思います。

 

ある程度、買ってくれるお客さんが見込めるアーティストはタオルやTシャツを作って損はないと思います。

売れる見込みがないグッズを、「沢山作った方が安いから」という理由で大量に作っても在庫を抱えるだけなので気を付けて下さい。

 

ピックやラバーバンドは、ライトなファンにもアプローチできるグッズなのですが、やはり値段を高めには設定しづらく、Tシャツやタオルに比べると利益はそこまで見込めないと思います。

 

しかし、グッズもそれぞれに役割があって、例えばTシャツやタオルは利益をあげるグッズとして位置付けておいて、ピックやラバーバンドはその日のライブの記念に、物販に立ち寄ってもらう為の撒き餌的な役割だと考えれば、どちらも必要なものだと言えます。

 

ライブでのCDの売り上げにプラスして、グッズも売れるようになると音楽での収入がグッと増えて活動が確実に楽になりますので、グッズ販売も上手く使って活動費を捻出していけると良いです。

 

ただし、グッズもまたそのアーティストの表現の一つだと思いますので、お金を稼ぐ手段として適当にグッズを作るのではなく、世界観やこだわりを持って作っていって下さいね。

 

今回紹介したグッズ以外にもアイディア次第で、何でも作れると思います。

皆さんのグッズ作りの参考に少しでもなれば幸いです。

ライター:ソロモンの 猫

法政大学文学部日本文学科卒業。大学在学中、小説、詩、文章の書き方を学ぶ。2020年よりフリーライターとして音楽をメインに幅広いジャンルの記事を執筆中。 @soromonnoneko