エレキギター博士:新着記事
2016年6月22日 メジャーペンタトニックスケール
2016年6月18日 「LACCO TOWER」ギタリスト細川大介インタビュー
2016年6月17日 これは女の子に使って欲しい:可愛いギターケースたち
2016年6月17日 持ってたら超便利!なくてもいいけど見たら絶対欲しくなるギターグッズ
2016年6月17日 たまにはピックを変えてみませんか?変わり種ピック集めてみました!

現代のSRVを探せ!今SRVにいちばん近いギタリストは誰だ2016年6月22日 , ライター:中前 議晴

srv Texas Flood-30th Anniversary Edition

SRV = Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)

もはや説明は必要ないくらい偉大なブルースギタリストですね。

1990年、8月26日。
ウィスコンシン州イースト・トロイのアルパイン・ヴァレイ・ミュージック・シアターで行われたブルース・フェスティバルに出演。
その後、乗り込んだヘリコプターが墜落してなくなるという人生。
SRVは35歳。

死後26年、未だに現代のギタープレイヤーに影響を与え続けているギタリストです。

ボロボロに塗装のはげ落ちたストラト、極太の弦、マネをしてみた方も多いのではないでしょうか?

そんなSRVの影響を色濃く受けているギタリストがたくさんいますが、その中でも現代のSRVと呼べるであろうギタリストを集めてみました。 続きを読む!

実はあのひとも使用している!日本ではお目にかかれない 3 Monkeys Amps2016年6月21日 , ライター:中前 議晴

3 Monkeys Ampshttp://www.3monkeysamps.com/

日本国内への入荷数はまだまだ少ないアメリカのブティック・アンプ・ブランド、3Monkeys Amps。

3匹のお猿さんがトレードマークのギターアンプですが、みなさんはご存知でしょうか?

著者は数年前から AEROSMITH のライブ映像で何度もこのアンプの姿を目撃しているのですが、まだ現物をお目にかかったことがありません。

その時から色々とHPなどを調べているのですが、未だに日本のHPはみつかりませんでした。

もしかすると日本での正規輸入はまだ扱いが無いのかもしれません。

そんな日本ではなかなか出会うことが出来ないアンプ、3Monkeys Amps について情報をかき集めてみました。 続きを読む!

今や女性の時代?!ギターが弾けるかわいい芸能人2016年6月20日 , ライター:中前 議晴

西内まりや 西内まりや 7 WONDERS

今や芸能人の中にもギターを弾く方がたくさんいます。

某TV番組では”チョット弾けますギター芸人”などと銘打ってギターを弾く芸人さん達が出演されていました。

そんな芸能界でも女性ギタリストがだんだん増えてきているようです。

今回はそんなかわいいギター芸能人を集めてみました。

「このひとギター弾くんだ!」

っと驚いてしまうひとも含まれていますよ。 続きを読む!

Flying Vがトレードマーク!こんな派手なルックスが似合うギタリスト5選2016年6月19日 , ライター:中前 議晴

Flying V

Gibson社から1958年にエクスプローラーと共に発売されたFlying V。

その後、色々なメーカーからV型のギターが発売されました。

V型の攻撃的で派手なルックスの為、ハーロックやヘヴィメタル系のギタリストに愛用者が多い傾向にあるギターですが、意外にも抜けの良く甘い中低音に魅了されたブルースギタリストも多いのです。

そのボディー形状のせいで座って弾くときに少々困ってしまうギターですが、そんなデメリットをわかっていてもついつい気になってしまうくらいカッコいいルックスのギターです。

今回はそんなFlyng Vがトレードマークになっているアーティストを集めてみました。

続きを読む!

ミュージシャンの命。耳をまもる音楽向けイヤープロテクターまとめ2016年6月18日 , ライター:中前 議晴

耳栓

あなたは最近、自分の耳が聞こえにくいと感じたことはありませんか?

急に片耳だけ耳が詰まったようになったり、人の声が聞こえづらくなるったりはしていませんが?

もし、耳が聞こえにくい状態がずっと続いているのであれば、それは”突発性難聴”かもしれません。

突発性難聴は突然片耳が聞こえにくくなる耳の病気のことです。

突発性難聴の患者数は、年間約4万人いるといわれています。

ウォークマンなどのポータブルミュージックプレイヤーの普及によりヘッドホン難聴になるひとが急増し、その数はここ10年で1.5倍にまで急増しているそうです。

そんな”突発性難聴”の中でも、ミュージシャンがなりやすいのが”伝音性難聴”です。

ライブハウスなどで長時間大きな音を聞き続けたり、ヘッドフォンで大音量で長時間音楽を聴き続けたりすることがその原因となりおこる耳の病気です。

ギタリストの場合、リハーサルスタジオやライブなどでアンプからでる大きな音や、ドラムのシンバルの音などが耳を傷める原因となります。

音を操るミュージシャンとしては耳が聞こえなくなることほど恐ろしいものはありません。

今回はみなさんの大事な耳を守る”イヤープロテクター”(耳栓)をご紹介します。 続きを読む!

BOSSの最新チューナーアプリ「BOSS Chromatic Tuner App」レビュー!2016年6月18日 , ライター:中前 議晴

BOSS Tuner App

ギターのチューニング。

チューニングが不安定で狂いやすいギターにとっては切っても切り離せない大事なことです。

皆さんはどのような方法でチューニングしていますか?

フロアタイプのチューナー?
音叉?

最近だとヘッドに取り付けるタイプのクリップチューナーを使っている方も多いかもしれませんね。

しかし、いざというときにチューナーが見つからなかったり、家にチューナーを置いてきてしまったり…

そんなとき便利なのがスマートフォンで使えるチューナーアプリですよね。

著者もチューナーを忘れた際はお世話になることがあります。

そんな本チューナーアプリですが、本日BOSSから新しくチューナーアプリが無料でダウンロード可能になりました。

著者が早速インストールし、使用してみました。 続きを読む!

ブルースセッション。本当にマイナーペンタ1発で平気?適切な音を見極めよう!2016年6月17日 , ライター:中前 議晴

Jack Box Nite Vo.10a

「今までずっとロックが好きだったけどブルースもできるようになりたい!」

著者の受け持つ生徒さんでもこのような方は沢山いらっしゃいます。
ちょっと大人な音楽もやってみたい、ひとりで弾いていても楽しそう、最近はセッションにも興味が出てきた、というのが理由のようです。

ブルースを勉強しようと思ったとき、多くの方がネットで調べてみたり、教則本を購入する方が多いと思います。

すると、大抵のHPや本には「マイナーペンタトニックを覚えよう!」だとか「マイナーペンタトニックを覚えればブルースは弾けますよ!」という内容が初めに出てきます。

はい、間違いではありません。

ただし、使い方を間違えるとトンデモナイ外れた音を弾いてしまう危険性も秘めたスケールなのです。

そこで今回は、何が危険なのか、どうやって弾けばいいのか、という部分を書いていきたいと思います。

是非参考にしてみてください。 続きを読む!

今度の休みは映画を見よう!ギター好きなら一度は見ておきたい映画5選2016年6月16日 , ライター:中前 議晴

ros_top ロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラック

雨の続くこの梅雨時期、ジメジメするし蒸し暑いし、傘をさして人込みを歩くのは大変だし、出かけるのも億劫になりがちですよね。

そんな雨の日の休日は家でゆっくり映画鑑賞でもいかがでしょうか?

今回は休日を有意義に過ごすべく、ギター練習のモチベーションが上がるような映画を集めてみました!

ギター好きならどの映画も楽しめる映画ですよ♪ 続きを読む!

GN’Rが新曲作成中!?初期メンバーGN’Rの名曲を振り返ってみよう2016年6月16日 , ライター:中前 議晴

gn's アペタイト・フォー・ディストラクション

2016年4月1日、GUNS N’ ROSES(GN’S)がオリジナルメンバーであるSlash(Gt)とDuff McKagan(Bass)を迎えステージをこなし、4月8日から全米ツアーを行ったのは記憶に新しいことです。

SlashとDuffはあれだけボーカルであるAxl Rose(アクセル・ローズ)とバチバチやってましたからね。

この話を知ったときは驚きました。

そして先日、6月7日にAxl Roseがロンドンで行われたQ&Aセッションに出席。

その際に、

  • 新しいものに取り組んでいる。
  • スラッシュやダフ(マッケイガン)のためにプレイした。
  • 2人ともそれを気に入ってくれた。
  • 彼らがこれらに参加するかもしれない。

と説明していたようです。

!!!!!!

これが本当ならGN’Sでまたギターを弾くSlashが見れるわけですね!

もしかしたらSlashとDuffが参加してのジャパンツアー…
なんてことも、にわかに期待してしまいます。

事の真偽はまだわかりませんが、GN’SファンとしてはSlash、Duff在籍時代の名曲を振り返りながら朗報を心待ちにしましょう♪

では名曲5選!
いってみましょう♪
続きを読む!

現代の3大ギターブランドPRS。アンプってどうなの?2016年6月15日 , ライター:中前 議晴

PRSアンプ

1985年にギタールシアーであるPaul Reed Smith氏により設立された”Paul Reed Smith Guitar”(PRS)。

高級感あふれる美しい木目のメイプルトップとそれを活かすシースルーの塗装がみる人の目をくぎ付けにするギターですよね。

2000年代に入ってからエレキギター販売シェアを広げ続けて、今やエレキギターの2大ブランドGibson・Fenderと並び、エレキギター3大ブランドとも呼ばれるまでになりました。

PRSのギターについて

そんなPRS、エレキギターの製造・販売が有名ですがアコーステックギターやベース、アンプまで製造しています。

ですがPRSのアンプを使ってる人って言われてもなかなかピンと来ないのではないでしょうか?

ギターショップに足を運んでみても、PRSギターはあってもアンプは置いていないという事が多く、お目にかかる機会すら少ないですよね。

そこで今回は、PRSのアンプって実際どうなの?

というところに迫ってみたいと思います。 続きを読む!

プロ御用達 Sweet Honey Overdrive が新しくDeluxe になって登場!2016年6月15日 , ライター:中前 議晴

Mad Professorロゴ

フィンランドのエフェクター/アンプメーカーである”Mad Professor”。

数年前から話題になり今では絶対的な地位を確立し、今では楽器屋さんで「いい歪エフェクターない?」と聞くと、必ず名前の挙がってくるブランドです。

そんな”Mad Professor”ですが、やはり評判がいいのがオーバードライブやディストーションといった歪み系エフェクターです。

中でもオレンジ色のボディーを持った”Sweet Honey Overdrive”はプロのエフェクターボードでも良く見かけるエフェクターであり、非常に出来の良いオーバードライブペダルとなっています。

“Mad Professor”でも人気の高い”Sweet Honey Overdrive”がこの度リニューアルして登場しました! 続きを読む!