【徹底レビュー】大切な機材を安心安全に持ち運べるバックパック「Gruv Gear – CLUB BAG – Classic BlackOrange 」[記事公開日]2021年10月2日
[最終更新日]2021年10月2日
[ライター]Kaoru

Gruv Gear CLUB BAG

夏の厳しい暑さも和らぎ、秋らしい爽やかな風が気持ちよく、かなり過ごしやすい気温になってきていますね。

普段は自宅スタジオに籠って仕事をしている私ですが、ずーーっと同じ環境にいると全くアイデアが出てこない!

まさにスランプ状態、、。

そうなると徐々にモヤモヤした気持ちが溜まってきて

「気分転換がしたいなぁ、、。」
「外出したいなぁ、、。」

と思ったので外出用の機材用のバックパックを探していたところ、かなりカッコいい私好みのものを見つけたので購入してみました。

その商品の名は、Gruv Gear ( グルーブギア )CLUB BAG(クラブバッグ) – Classic Black/Orangeというもの。
販売サイトによって価格が様々ですが、大体20,000円~26,000円ほどで購入できます。

高価な買い物であったため、購入する際に他の方のレビューを探したのですが全く見つからない上に公式サイトは全部英語、、。

少し不安があったものの、思い切って買ってみた所、かなり良い買い物でした!!

今回は、きっと日本初のレビューだと思います!
「Gruv Gear/CLUB BAG」について、実際の使用感を交えてご紹介していきます。

Gruv Gearとは

アメリカに本社を構える、楽器関連グッズを展開しているメーカー。
ミュージシャンやフォトグラファーなど、クリエイティブでデリケートな機材を扱う方をターゲットとした、革新的な製品を数多く取り揃えています。

これらの製品は全て、機能性・デザイン性に優れており、世界各国に愛用者がいます。

特に、代表的な製品は「FretWraps String Muters」。
ギタリスト・ベーシストならご存知の方が多いのではないでしょか?
ギターやベースのフレットに巻き付けるような形で取り付けることで、不要な音をミュートしてくれるありそうでなかった便利なツールは特に代表的な商品です。

他にも、ギター用ギグバックなどを展開しています。

CLUB BAG Classic Black/Orange

今回、数多くの製品の中からこのバックパックを選んだ理由や、特徴を解説していきたいと思います。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです!

他にない唯一無二のデザイン

普段持ち歩くものですから、まずこだわったのがデザイン性です。
あまり、他の方たちと被りたくないと思ったのでこの珍しい構造がとても魅力的でした。
また、ブラックを基調としたカッコいいカラーリングは男女問わず使用しやすいと思います。

実際に届いたバックパックを触ってみた所、かなり頑丈な作りなので、普通に使っていれば少なくとも5年~10年くらいは問題なく使用できると思います。

しっかりとした頑丈な専用段ボールで届きました↑

抜群のクッション性/通気性

機材の持ち運びとして使用するのですから最低限の機材である

  • ノートパソコン
  • オーディオインターフェース
  • ヘッドホン/イヤホン
  • MIDIキーボード

を安心して収納できるというというところも大事なポイント!

これらの機材はとてもデリケートで高価なので、少しの衝撃でもかなり怖いんですよね、、、。
新幹線や電車では揺れるし、街中の人混みではぶつかることもあると思いますが、それらのシチュエーションでも安心できるかなりしっかりとしたクッション性が備わっています。

また、背面やストラップなどの体に触れる部分は、ほとんどがメッシュ生地なので通気性抜群!
汗をかく夏場でも快適に使用できると思います。

音楽家に向いた構造

特にDTMerにはかなり、使いやすい構造になっています。

大まかな収納スペースは、

・PCや書類用の大きめのポケット

私が使用している15インチノートPCとモバイルMIDIキーボードがすっぽりと入っています。

他にもタブレット端末やノートなどなら余裕で入ります。

・ヘッドホン/イヤホンなどを引っかけることができるオーバーヘッドクリップ付きポケット

上部のオーバーヘッドクリップは、マジックテープで固定する仕様なのでワンタッチで簡単です。

コード類がぐちゃぐちゃにならないので機材に優しい設計!

他にもサングラスを固定することもできます。

・両サイドからアクセスできるロッカータイプのポケット

オーディオインターフェース「evo4」が余裕で入りました↑。

音楽家は、機材だけでなくそれらを接続するためのケーブル類もかなり多いので、しっかりと仕切られたスペースがあると把握しやすいです。

また、内部の仕切りはマジックテープで取り付けられているので、取り外すことも可能。

ちょうどいい収納容量

あまり大きすぎると取り回しにくいし、小さいと機材が入りきらない、、ということもありますがこのバックパックの容量はおよそ20Lほど。
なので、普段使いから2泊3日程度の小旅行にピッタリの容量が確保されています。

外形はW305mm×H457mm×D203mmほどなので、女性でも使用しやすいサイズ感だと思います。


以上、Gruv Gear CLUB BAG – Classic Black/Orangeについてレビューしてみました。
これさえあれば大切な機材を守ることができます!

芸術の秋!
CLUB BAGを買って、思いっきり楽しみましょう!

Gruv Gear CLUB BAGを…
Sサウンドハウスで探す Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

ライター:Kaoru

2017年から作曲家、編曲家として本格的に活動を開始。楽曲提供・MIDIデータ制作・ミックス・マスタリング・オンラインでの講師など幅広く活動中。 Webサイト:https://kaoru113portfolio.wordpress.com/