ファンを増やす為に必要なマインドセット[記事公開日]2021年3月22日
[最終更新日]2021年03月22日
[ライター]ソロモンの 猫

音楽活動をしている方で「全然ファンが増えない」そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

今回はファンを増やすことが出来ずに悩んでいる方に向けて、一番重要とも言えるマインドセット、考え方について書いていきたいと思います。

ファンを増やしていく上でとても重要な項目になりますので、ファンを増やしていきたい方は是非最後までお付き合い下さい。

 

 

 

「ファンがつかない1番の理由!」

 

「矢印が自分に向いている」

ファンがなかなか付かない人に共通して言えることは矢印が自分に向いているという点にあります。

これはどういうことかというと、本来、ファンやお客さんの方に対して向いていなくてはいけない矢印が、自分中心になっているということです。

例えば、ライブ告知をする際に「お客さんにライブに来て欲しい」という気持ちが当然あると思いますが、それは突き詰めるとアーティスト側のエゴですよね。

お客さんにライブに来て欲しいのは、

 

「ノルマを払いたくないから」

「対バンの方やライブハウスにカッコがつかないから」

「お金が稼げないから」

 

こうした気持ちからライブ告知をしている状態は、「自分の方に矢印が向いている」と考えて下さい。

お客さんからしたら、あなたがノルマを払おうが払うまいが、そんなことはどうでも良くて「自分の好きな音楽が聴きたい」だけなのです。

それでは、お客さんの方に矢印が向いているライブ告知とはどういうものでしょうか。

それは、「凄く楽しいイベントがあるから、よかったらおいで。(来たらあなたが幸せになれるよ)」

という誘い方です。

この場合は、矢印が自分ではなくお客さんの方に向いています。

ライブに来て、徳をするのは「自分」ではなく「お客さん」なのです。

 

わかりやすく言うと矢印とは気持ちがどこを向いているかです。

ライブをするのも、音楽をするのも、それは自分自身の為。それはその通りですし、決して間違いではありません。

しかし、ファンを増やしていく為にはこの根本のマインドを書き換えていく必要があります。

 

 

・お客さんを幸せにするという決意

人間ですので、ノルマを払いたくない、お金を稼ぎたい、周りへの体裁の為にお客さんに来て欲しい、そんな気持ちをゼロにするのはとても難しいと思います。

しかし、ファンを得る為の基本にして究極のマインドセットは、「ファンを幸せにする」という決意です。

「あなたが幸せになる」ではないのです。

 

そもそも、「お金」とはどうして得られるのでしょうか。

それは誰かが「幸せ」になったことに対する対価として支払われるのです。

あなたのライブによってお客さんが感動し、「幸せ」になったことに対して、お客さんはお金を支払ってくれるのです。

とすれば、アーティストが一番に考えなくてはいけないのは、「どうやってお客さんを呼ぶか」ではなく、「どうやったらお客さんに楽しんでもらえるか」「どうやったらお客さんを幸せにできるか」なのです。

この考え方は音楽に限らず、全てのビジネスに当てはまると言えるでしょう。

 

ライブ告知の際に、「予約が全然入っていなくて悲しいです。良かったら来てください。」というような告知をSNSでしている方を時々見かけますが、これは最悪です。

あなたのことを応援したいと既に強く思っているファンには、もしかしたら「かわいそうだな、私が行ってあげようかな」と思わせる効果があるかもしれませんが、これは絶対にしてはいけません。

 

お客さんに「行ってあげよう」と思われたらアーティストは終わりです。

ファンがアーティストのライブに「行ってあげよう」と思うことは本質から大きくズレています。

あなたが、大好きなミュージシャンのライブに行く時、「行ってあげよう」とは絶対に思わないはずです。

「行きたい!!(行ったら自分が楽しいから)」のはず。

ここを絶対に履き違えてはいけません。

 

お客さんを幸せにする→動員、収入が増える→自分が幸せになれる

 

この順番でこそ、最終的に自分も幸せになれるのです。

ですので、ファンが増えなくて悩んでいる方は「どうしたらお客さんに楽しんでもらえるか」「どうしたらお客さんを幸せにできるか」という一点にコミットしてみて下さい。

 

 

 

・ライブ以外の全てのことにも当てはまる

ここまで話してきた、「矢印をお客さんの方に向ける」「お客さんを幸せにする」ということは、ライブは勿論ですがそれ以外のことも全て当てはまります。

例えば、グッズを作ろうと思った時に考えなくてはいけないのは「どんなグッズが売れるか」ではなく「お客さんが喜ぶのはどんなグッズか」です。

結果的には同じことのように思えるかもしれませんが、根本にある考え方がどちらなのかが物凄く重要です。

お客さんにはそういったところが透けて見えてしまうものです。

 

例えば、コンビニで新商品を店員さんにオススメされるとして、

 

「この新しいパン、本当にめちゃくちゃ美味しいんです。だから是非食べてみて下さい。(本当に美味しいから、食べたらきっとあなたも幸せになる)」

と思って言われるのと、

 

「新商品のパンいかがですか。(味はよく知らないけど、オススメしないと店長に怒られるからなあ、、、)」

 

と思って言われるのとでは全然違うことがわかるはずです。

ファンがいないアーティストは正に後者のマインドと同じです。

顧客の気持ちよりも、自分の損得感情が優先。そんな人にファンは付きません。

 

 

つまるところ、全力でファンを幸せにしようと考えて、行動してくれる人に心動かされて、人はファンになるのです。

勿論、音楽が良い、ライブが良い、というのは大前提ですが。

しかし、極端な話、全然ライブも良くない、演奏も下手クソ、でも沢山ファンがいるというアーティスト、あなたの周りにいませんか?

そのアーティストにファンが沢山いるのは間違いなく、ファンの方向に矢印を向けて、全力で幸せにしようと行動しているからです。

音楽が良くなければ、結局どこかで頭打ちにはなるとは思いますが、このマインドセットを持って本気で行動すれば、誰にでも一定数のファンは付きます。

地下アイドルが凄い人気があったりするのは、歌が上手いことが一番の理由ではありません。

ファンを幸せにしようと一生懸命歌ってくれている、姿勢、言葉、生き様に心打たれてファンになっているのです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ファンがつかないと悩んでいる方、自分の音楽活動全て、「矢印が自分に向いていないか?」常に自問してみてください。

必ず結果は変わってくると思います。そうすることで自ずと、

 

お客さんを幸せにしたい、楽しませたい→良い曲を作る、練習をしっかりする、ライブの準備をしっかりする。(MC、照明、パフォーマンスを考える)

 

といった基本的なところや技術面での向上にも繋がっていくはずです。

ファンを増やす為に一番大切なことは、ファンを幸せにしようという思いです。

 

そしてそのマインドが結果的に自分自身を幸せにすると信じることです。

 

アーティストはファンのリーダーでなくてはいけません。

自分が得をしようと、ファンから搾取することばかり考えている人には誰もついてきてはくれません。

ファンはとても敏感です。

 

目の前の人を全力で幸せにする。そうしてその人が幸せになったなら、その人はきっと「ありがとう」と言ってあなたに喜んでお金を支払うでしょう。そこであなたの心にはそれ以上の「ありがとう」という気持ちが芽生えるはずです。

その気持ちをまた音楽で、ライブで返していくのです。

その繰り返しでファンは増えていくのだと思います。

少しでもこの記事があなたの音楽活動の参考になれば幸いです。

ライター:ソロモンの 猫

法政大学文学部日本文学科卒業。大学在学中、小説、詩、文章の書き方を学ぶ。2020年よりフリーライターとして音楽をメインに幅広いジャンルの記事を執筆中。 @soromonnoneko