エレキギター博士:新着記事
2019年8月23日 《ライブ志向、日本オリジナル》Fender Aerodyne II Stratocaster
2019年8月22日 Suhrのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介
2019年8月17日 《トラッドな最新兵器》Fender American Performer Telecaster
2019年8月15日 Xoticのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介
2019年8月14日 《使いやすく、弾きやすい》Fender American Performer Stratocaster

ラックが組める本格的なiPadエフェクター・アプリ「StompBox」2011年4月19日

あまり話題になっていませんが、4Pockets.comからラック式のエフェクターを組み合わせて音を作ることができる本格派エフェクター・アプリ「StompBox」がiPadから登場していましたので紹介します!
価格は2,300円

「StompBox」の詳細

ストンプボックスは、ギターチューナー、メトロノーム、ループ・レコーディングツールを使用する本格的なデジタルエフェクトユニットです。

エフェクターの種類はオーバードライブ、ディレイ、リバーブ、フランジャー、フェイザー、コーラス、ピッチシフター、トレモロ、ノイズゲート、コンプレッサー、パラメトリックグラフィックイコライザーなど。基本的なエフェクトが全て入っています。

stomp-1

歪みも7種類

stomp-1

4トラックのループレコーダーを備えています。

stomp-1

ペダルを使用することでMedia Playerにお気に入りのMP3ファイルを読み込むことができます

stomp-4

接続方法はiRigでオッケー
エレキギターに関わらず、他の楽器でもいけるみたいです。

Stompbox - for iPad