エレキギター博士:新着記事
2016年12月5日 JOHN PAGE CLASSICのギターについて
2016年11月27日 更なる深淵へ「8弦/9弦ギター」特集
2016年11月13日 《2016楽器フェア》レポート:エレキギター&エレキベース編
2016年11月10日 弦がビビる、その原因を探ってみよう
2016年11月8日 《木で作る「音」。》Bizen Works訪問インタビュー

最近よく聞くけどクリーンブースターって何??おすすめのクリーンブースター10選!!2015年1月11日

クリーンブースター特集

2008年あたりに登場してから、ステージ・ギタリストの間で密かに人気を集めているペダル・エフェクター、クリーンブースター。普通のブースターと何が違うの?ってな感じでイマイチどういうモノか分かっていない人も少なからずいるのではないでしょうか。

筆者もその存在は知れど使ったことがなかったのですが、一度楽器屋で試奏してみた時その良さにハマってしまい、すっかり虜になってしまい手放せないエフェクターとなってしまいました。
そこで今回は、クリーンブースターとは何か?という基本講座からはじめ、人気の高いおすすめのクリーンブースターを紹介しようと思います。

クリーンブースターとは?

普通のブースターは、出力を上げてアンプに送る信号を大きくし、ギターの音そのものを増幅するメカニズムですので必然的に歪み成分が入りますが、クリーンブースターは歪ませることなくクリーンなまま音量を増幅させる、「ギターの音を変えずに入力レベルを上げる」装置(=エフェクター)のことを言います。


Fulltone / Fat-Boost。ほんの気持ちだけ音量が上がっています

「クリーンブースター」といえば最近になってこそよく聞く言葉ですが、その機能自体は昔のブースターから存在していました。その言葉が定着してきたのがだいたい2008年頃からだと思います。

どういう時に使うのか?

クリーンブースターは「ブティック系」ペダルやハイゲイン・アンプなど反応性の高いエフェクターやギターアンプの登場に伴って、自然と注目を浴びるようになったエフェクターだと思います。使い方なんていうのは人それぞれ、好きな使い方をすればいいと思うのですが、しいて言うなら…

  • ステージでのギターの出音をよりキレイにしたい…
  • 打ち込みサウンドの中で埋もれがちな音を持ち上げたい…
  • クリーントーンの存在感をアップさせたい…
  • ケーブルをワイヤレスにした時の音ヤセ対策

といった場面で使われることが多いのではないでしょうか。

例えば同期もの。
バンドの中でシンセサイザーや打ち込みドラムが鳴っている場合、ギターの音が負けてしまうことがあります。そんな時にクリーンブースターを使うと歪みでもクリーンでも、音の存在感をしっかり保ってくれます。常時on、かけっぱなしにしている人も多いですね。
セッションなどシビアな演奏が求められるスタジオ系ギタリスト、ジャズギタリストが使用するケースも多くあります。

おすすめのクリーンブースター

さて次は、そんな頼れるエフェクター”クリーンブースター”について、おすすめのものを10選、紹介していきます。

1. Xotic / EP Booster

Xotic EP BOOSTER

まず最初に紹介するのは、クリーンブースターの絶対的代名詞であり定番中の定番モデルであるXotic EP Boosterです。往年の名機「エコープレックス」を再現したブースター/プリアンプということで、音に少し歪みが加わるので完全な「クリーンブースター」ではありません。サウンドを太く煌びやかに、音に張りと艶を、しっかりと与えてくれます。JC-120 のデジタル・ライクなサウンドを真空管アンプのように煌びやかに変身させてくれることから、ジャズコ対策のペダルとして手放せない人も多いのでは??

Xotic EP BOOSTER

価格 : 12,900 円

2. Xotic / RC Booster

Xotic RC BOOSTER

続いて紹介するのは、同じくXoticからEP Boosterに比べてコントロール系統が増え、より詳細な音作りを実現したRC Boosterです。EP Boosterがオンにすると若干の歪み成分が加わるのに対して、RC Boosterでは(Gainツマミがあるにも関わらず)オンにしてもほとんど歪まず、クリーントーンのまま音の艶・透明感を与えてくれます。
Bass, Trebleといったイコライザーによって音質の微調整ができるので、シングルコイル/ハムバッカー問わずクリーントーン時に艶を持たせたい時や、クランチペダルの前段に繋いで歪みをプッシュする「Roland JC-120アンプ時のジャズコ対策」など、様々な機材/様々なシチュエーションで使うことができます。
かけっぱなし/常時ONにしてもOKです。

Xotic RC BOOSTER

価格 : 21,000 円

3. MXR / Micro Amp

MXR Micro Amp

クリーンブースターという言葉が流行るもっと前から、既にクリーンブースターの機能を持っていたのが MXR Micro Amp です。GAINを調節するだけというシンプルな1ノブ設計で、余計な味付けをせずに純粋に音圧をあげてくれます。価格面でも1万円を切るなど魅力的なモデルです。
EQはついていませんが、ONにすると高域が上がり、若干レンジが狭まったローファイな質感となります。ツマミは12時以降で徐々に歪むようになります。

MXR Micro Amp

価格 : 7,210 円

4. Fulltone / Fat-Boost

Fulltone Fat-Boost

Fulltone Fat-BoostはクラスAのディスクリート回路で構成されているブースター。RC Boosterと同じく Bass/Treble のEQを持ちDRIVEで歪みを調節できるため、クリーンブーストからゲインブーストまで対応できます。
「音に甘さが加わる」「太くなる」など、ONにした時にほんの少し味付けがあるとも言われますが、基本的には原音に忠実です。非常に評価が高いエフェクターで、ベースやエレアコにも使われたりバッファーとして使われたりしています。

Fulltone Fat-Boost

価格 : 14,980 円

5. Lovepedal / Amp50

Lovepedal Amp50

高級ブティックペダル・ブランドである Lovepedal のミニサイズ・ブースター。Marshall Plexi を再現したサウンドということで、上に紹介した Xotic のブースターとはまた一味違った特性を持ったモデルです。EP Booster 同様、JC-120 にかけっぱなしにして使うと、手放せなくなってしまいそう!!
Lovepedalにも関わらず1万円台という価格も魅力です。

Lovepedal Amp50

価格 : 15,223 円

6. Z.VEX / Super Hard on

Z.VEX Super Hard on

Z.VEXの代名詞とも言うべきエフェクターがこちらの「Super Hard on」。古いアナログミキサーのフェーダー回路を参考に作られており、その後に登場するクリーンブースターも Super Hard on を習って作られたと言われています。
on にすればアンプがイキイキと躍動するのがわかるはず!真空管アンプとの相性もバッチリです。

Z.VEX Super Hard on Vexter Series

価格 : 14,980 円

7. Ex-pro / 32Volt Clean Booster

Ex-pro 32Volt Clean Booster

超低ノイズがウリのEx-proのクリーンブースター。ゲインを最大にしてもほとんどノイズは感じません。ブースターというよりもほとんどバッファーアンプに近い存在ですね。とにかく原音に一切の味付けをせずにアンプをイキイキとさせてくれます!

EX-Pro 32volt CLEAN BOOSTER

価格 : 23,500 円

8. Keeley / KATANA Boost

Keeley KATANA Boost

ジョン・メイヤーも愛用していることで有名なエフェクター。PUSH/PULL式のコントロールを採用することにより、クリーンブースターとトレブル/ゲインブースターの二面性をもたせたブースターです。

たいていは中域だけを持ち上げたりするのですが、KATANA Boost はキレイに全ての音域を持ち上げてくれます。
エフェクターを使わない、アンプ直なギタリスト向け。

Keeley KATANA Boost

価格 : 17,800 円

9. One Control / Granith Grey Booster

granith-grey-booster

2013年の末に登場した新しい国産ペダルで、アルミ削り出しボディにプリントされた、彫刻のようなデザイン性の高いミニサイズ・クリーンブースター。One Control は今注目のエフェクター・ブランドですし、Granith Grey Booster も注目のモデルです。

One Control Granith Grey Booster

価格 : 11,016 円

10. TC Electronic / Spark Mini Booster

tc-spark-mini-booster

空間系エフェクターに定評のある TC Electronic が2013年にリリースしたミニサイズのクリーンブースター。ホワイトのボディにデザイン性の高いイラストからしてエフェクトボードに入れたくなってしまう魅力を放っています。サウンドも雑味なし・味付けなしで原音をプッシュしてくれます。1万を切る価格も魅力ですね。

新着クリーンブースター

Suhr Koko Boost Reloaded

Suhr Koko Boost Reloaded

2014年7月に登場した Suhr のクリーンブースター/ミッドブースターが一台に搭載されたエフェクター。フットスイッチの長押しでクリーンブースター/ミッドブースターを切替えて使うことができるという画期的なペダル。「ギターソロ時だけミッドブーストをONに」など、コンパクトサイズながら使い方に幅を持たせています。
サウンドに定評のある Suhr、価格帯も高めに設定されている高級ペダルです。

Suhr Koko Boost Reloaded

価格 : 34,884 円

番外編

次の2つのエフェクターはクリーンブースターとは呼ばれませんが、「これクリーンブースターじゃね?!」っていう機能を兼ね備えている機種です。どちらもBossのペダルですね。

Boss GE-7

Boss GE-7

レベルコントロールもできる Boss のイコライザー GE-7。7バンドそれぞれの帯域を調節できるのと、レベルをあげても全く歪まないため、クリーンブースターとして使用している人も多く存在するのでは…

Bossのペダルという気軽さがまたいいですね。
結局こういう気さくなペダルを一番愛用しているような気が、しませんか??

Boss GE-7

価格 : 10,900 円

Boss BD-2

こちらもブースターとして大変有名な Boss の BD-2、別名 Blues Driver。LEVEL,GAIN,TONEの3ツマミでコントロールするのですが、GAINを絞ってLEVELを上げればそれはもう立派なクリーンブースターに大変身です!!

BD-2を持っている人はおうちや音楽スタジオでこっそり試してみましょう!!

BOSS Blues Driver

価格 : 9,720 円


以上、クリーンブースターの紹介ついでに、ブースター代わりになるエフェクターについても少し触れてみました。あなたはどのエフェクターが好きでしたか??

ブースター エフェクター – Supernice!エフェクター