エレキギター博士:新着記事
2018年9月20日 《ギター博士流》カッティング練習のコツ
2018年9月17日 PRSから登場したジョン・メイヤー・シグネチャー「Silver Sky」
2018年9月12日 《ロカビリーの救世主》ブライアン・セッツァー
2018年9月8日 グレッチ・ピックアップの種類と特徴
2018年9月8日 グレッチのブリッジとテールピースについて

Gretsch Electromatic Pro Jetモデルに限定カラー Fairlane Blue 登場2018年1月26日

G5435 Electromatic Pro Jet Fairlane Blue:ボディ

グレッチのラインナップの中でもコストパフォーマンスに優れたシリーズ「Gretsch Electromatic(エレクトロマチック)」。そしてその中でもチェンバードボディ構造が特徴的な「Pro Jet」モデルに、鮮やかなブルーの限定カラー「G5435 Electromatic Pro Jet Fairlane Blue」が登場しました。

「チェンバードボディ」は、一見ソリッドボディのエレキギターながらボディ内部をくり抜いて軽量化が図られたセミソリッド状態のギターです。「Pro Jet」は

  • レスポールに近い見た目のシングルカッタウェイ
  • バスウッド・ボディにメイプル・トップ貼り合わせ
  • ローズウッド指板
  • セットネック・ジョイント
  • マスター・トーン、マスター・ボリューム x2
  • 激しい演奏でもブリッジがズレないアジャストマティック・ブリッジ

といった特徴を持ち、大きな生鳴りとフィルタートロン・ピックアップによるグレッチ独特のサウンドが得られる、グレッチ・ギターの入門にも適したモデルとなっています。


Gretsch G5434 Electromatic Pro Jet Demo

G5435 Electromatic Pro Jet Fairlane Blue

G5435 Electromatic Pro Jet Fairlane Blue

「G5435 Electromatic Pro Jet Fairlane Blue」はPro Jetのスペックを継承しながらも、

  • G5434、G5435などのPro Jetより少し薄い、1.85インチ(47mm)のボディ厚
  • グレッチ・オリジナルのVストップ・テイルピース
  • インレイはクラシック・サムネイル・ポジションマーカーを採用

と他Pro Jetに比べてもエッジが効いたスペックとなっており、鮮やかなブルーカラーは1950年代に誕生したフォードの人気車種“フェアレーン”に因んだ「フェア レーン・ブルー」を採用しています。手頃な値段もさることながら、国内入荷はわずか18本のみとなっているため、購入を検討している人は急いだ方がいいかもしれません。

Pro Jetシリーズを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す