エレキギター博士:新着記事
2017年2月23日 《徹底検証》SSH配列ストラトの魅力に迫る!
2017年2月17日 ギターとベースってどう違うの?
2017年2月16日 EMGのピックアップ
2017年2月6日 【4コマ漫画】ギター博士と六弦かなで
2017年2月5日 ハムバッカー・ピックアップのカバーを外したら、どういう効果が得られる?

マーシャルから、JCM2000直系・2chモデル新DSLシリーズのギターアンプが登場2012年10月27日

Marshall DSLシリーズ

マーシャルから、人気の高かったギターアンプ「JCM2000」のサウンドを継承したコストパフォーマンス・モデル『DSLシリーズ』がリリースされました。サウンドは1997年に登場したJCM2000そのままに、いずれもリーズナブルな価格での登場です!

Marshall DSLシリーズの特徴

4つのアンプにはいずれも以下の特徴を持っています

  • Classic GainとUltra Gainの2チャンネル仕様
  • トーンはBass/Middle/ Treble and Presence
  • ミッドレンジをカットするトーンシフトボタン搭載
  • 専用フットスイッチ付属
  • 真空管にECC83、DSL100HとDSL40CにはEL34を、DSL15HとDSL15Cには6V6を搭載
  • DSL15H以外ではデジタル・リバーブを搭載
  • DSL15CとDSL15Hには低域をブーストするDeep Switchボタンを搭載
  • DSL100HとDSL40Cにはフルパワーまたはハーフパワーの出力を選べるスイッチをリアパネルに搭載

Classic Gainチャンネルでは1959スタイルのクリーンからJCM800 2203のクランチ・サウンドを再現、Ultra GainチャンネルではJCM800 2203のトーンからさらにハイゲインな歪みまで対応したリード1/リード2の2モードで構成されています。
したがって音のバリエーションは2チャンネルながら4モードということになりますね。

Marshall DSL100H

Marshall DSL100

100Wのヘッドアンプ、DSL100H フロントパネルの様子。

DSLシリーズのリアパネル

DSL100H リアパネルの様子。
このモデルにはエフェクターのセンド/リターン端子が搭載されています。

Marshall DSL40C

Marshall DSL40C

40Wのコンボアンプ、DSL40C。
カスタム・ボイシングのセレッション・スピーカーが搭載されています。

Marshall DSL15H

Marshall DSL15H

15Wのヘッドアンプ、DSL15H。
小型で持ち運びも楽チンなモデルです。

Marshall DSL15C

Marshall DSL15C

15Wのコンボアンプ、DSL15C。

いずれもリーズナブルな価格が魅力的。
自宅練習でもスタジオワークでも、ライブパフォーマンスにもレコーディングにも使える、マーシャルの新しいスタンダードとなってますね。

Marshall DSL15C

コンボアンプ
価格:57,750 円

Marshall DSL15H

ヘッドアンプ
価格:47,250 円

Marshall DSL40C

コンボアンプ
価格:68,250 円

Marshall DSL100H

ヘッドアンプ
価格:84,000 円

おすすめのギターアンプ - Supernice!ギターアンプ