エレキギター博士:新着記事
2018年1月22日 ストラトキャスターとテレキャスターって、どう違うの?
2018年1月20日 ギブソン・レスポールの種類と選び方
2018年1月13日 ギター弦の巻き方/交換方法
2018年1月13日 Gibson Custom Shop (ギブソン・カスタムショップ)について
2018年1月3日 ギブソン・レスポール・クラシック徹底分析!

Line6のギター・アンプ、「DT50」をチェックしてみた!2010年10月23日

Line6 - DT50
今回はエフェクター・ブランドとして有名なLine6のギター・アンプ「DT50」をチェックしてみましたよ。ヘッドアンプですが、
価格は1199.99ドル( ゚ ρ ゚ )


有名なアンプに見られるアメリカン・クリーン、イングリッシュ・クランチ、イングリッシュ・チャイム、モダンなハイゲインという4つのボイシングがすべて搭載されていて音も上質なんだとか。本家のサイトにいっていろいろ説明をみてみました。

なになに…

アナログ及びデジタルのコンフィギュレーション切り替えを、スイッチ1つで実行。それによってクラシック・デザインがエクスパート以上のレベルに到達します。
引用:Line6

全然意味わからん
何語ですかこれは?
見てみたほうが早いので、早速動画をチェックしてみましょ。

聞いてみた感想

ジャッキジャキ。highからmiddleにかけて独特の粘りがありますね。見た目通りの音って感じです。