• タグ「ブルース・ギタリスト」一覧:全 313 件目

ついに来日!次世代ブルースギタリスト Josh Smith に注目!2016年7月4日 , ライター:中前 議晴

joshsmith Don’t Give Up on Me – Josh Smith

いよいよ今月8日にせまったフロリダ出身のブルースギタリスト、”Josh Smith”(ジョシュ・スミス)の初来日公演。

日本での初公演は2016年7月8日の東京Blue Moodですね。

著者は個人的に、何年も前から大好きで、よく動画を見たりフレーズをコピーしたりしていたギタリストです。

ただやはり、日本での知名度はまだまだ、といった印象も否めません。
知っている人は知っているといったところでしょうか。

そこで、今回はブルースギタリスト、”Josh Smith”をピックアップしてみたいと思います。

著者オススメのブルースギタリスト。
皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです。 続きを読む!

現代のSRVを探せ!今SRVにいちばん近いギタリストは誰だ2016年6月22日 , ライター:中前 議晴

srv Texas Flood-30th Anniversary Edition

SRV = Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)

もはや説明は必要ないくらい偉大なブルースギタリストですね。

1990年、8月26日。
ウィスコンシン州イースト・トロイのアルパイン・ヴァレイ・ミュージック・シアターで行われたブルース・フェスティバルに出演。
その後、乗り込んだヘリコプターが墜落してなくなるという人生。
SRVは35歳。

死後26年、未だに現代のギタープレイヤーに影響を与え続けているギタリストです。

ボロボロに塗装のはげ落ちたストラト、極太の弦、マネをしてみた方も多いのではないでしょうか?

そんなSRVの影響を色濃く受けているギタリストがたくさんいますが、その中でも現代のSRVと呼べるであろうギタリストを集めてみました。 続きを読む!

Flying Vがトレードマーク!こんな派手なルックスが似合うギタリスト5選2016年6月19日 , ライター:中前 議晴

Flying V

Gibson社から1958年にエクスプローラーと共に発売されたFlying V。

その後、色々なメーカーからV型のギターが発売されました。

V型の攻撃的で派手なルックスの為、ハーロックやヘヴィメタル系のギタリストに愛用者が多い傾向にあるギターですが、意外にも抜けの良く甘い中低音に魅了されたブルースギタリストも多いのです。

そのボディー形状のせいで座って弾くときに少々困ってしまうギターですが、そんなデメリットをわかっていてもついつい気になってしまうくらいカッコいいルックスのギターです。

今回はそんなFlyng Vがトレードマークになっているアーティストを集めてみました。

続きを読む!