エレキギター博士:新着記事
2019年8月23日 《ライブ志向、日本オリジナル》Fender Aerodyne II Stratocaster
2019年8月22日 Suhrのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介
2019年8月17日 《トラッドな最新兵器》Fender American Performer Telecaster
2019年8月15日 Xoticのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介
2019年8月14日 《使いやすく、弾きやすい》Fender American Performer Stratocaster

すぐにできる!ギターの音を良くする7つの方法2010年4月14日

エレキギターの音を良くする7つの方法
お金を払わなくても、楽器屋さんで見てもらわなくても

ちょっとした作業でエレキギターの音がよくなるのなら、実行しますよね。

今回は、家でも手軽にできちゃうエレキギターのメンテナンス方法 を紹介します。
「これだけやっときゃいい音でるよ」
っていうのを思いついただけ書きます。
「そんなことあたりめーだろ、知ってるよ」
っていうことばかりかもしれませんが、そこはご了承いただいて。。。

ギターのほこりをはらう

エレキギターは電気信号で音を拾うとはいえ、基本は木の”鳴り”がとても重要なのはいうまでもないです。木が最大限鳴るように、表面に付着したほこりをしっかり落とすことで少しでも鳴りの良さを稼ぐことは重要です。

ネジをきちんと締める

これも、木の鳴りを取りこぼさないようにする対策です。ピックアップ周辺のネジなど緩んでいる部分があればしっかりと固定しなおしましょう。

弦高を調節する

プレイする音楽・ジャンルによって最適な弦高さがあるかと思います。
ジャズを弾くのに高音域の1~3弦の弦高が低いと、ジャズ・ギター特有のコシがある音は出ませんし、メタルやハードロックで用いられる早弾きは弦高が高いとやりにくいのです。
自分の出したい音のイメージが明確であれば弦の高さを調節してみましょう。
一般的に弦高が高いほうが鳴りがいいとされています。

弦を張り替える

自分もレコーディングの時になると一日2回替えた時もありました。新品と使い古した弦では音は違う、当然です。

弦に当てるピックの角度を調節する

どの角度でピックを弦に当てるといい音が出るのか。この意識があるとないとでは出てくる音が全然変わってきます。

オクターブ音を調節する

12フレットのハーモニクス音と12フレットを押さえたときの音が同じ音になるようにチューニングします。

ピックを弦に当てる時の手首のスナップに注意する

パワーがあるプレイがしたいからといって力まかせに弦を引っ掻き回せばパワフルになるってもんじゃありません。
ドラムで考えてみましょう。スネアの音を大きく出すためには、、、
スネアの表面にスティックが当たる時に最もスピードが出ていれば大きな音が出ます。

力ではありません。

ピックが弦に当たる瞬間、最も早いスピードで弦を捕らえられていたら、切れ味の鋭い音が出るはずです。


以上、エレキギターの音を良くする7つの方法でした。ほとんど練習のときの意識の問題かもしれませんね。
弦に関することがおおかったかも。
初心者の方でも
「これやったことないわ」
っていうのがあったら是非実践してみて下さいね!!