エレキギター博士:新着記事
2020年9月14日 どれがおすすめ?ディレイ・エフェクター徹底紹介!
2020年9月10日 《良い演奏は、良いチューニングから》VOXのストロボペダルチューナー「VXT-1」
2020年9月9日 ロックギター名盤アルバム:JIMI HENDRIX「Band of Gypsys」
2020年9月8日 《現代における最も模範的なディストーションサウンド》ブラウンサウンド特集
2020年9月1日 《偉人が生んだ高性能ギター》EVHのギターについて

Marshallのギター・アンプ JVMシリーズの音を聞いてみた2010年2月4日

マーシャルといえば
JCM800
JCM900
JCM2000
などの「JCM」シリーズが最もポピュラーですね。

しかし近年では最大4chの音の切り替えが可能なJVMシリーズが登場しています。流れとしてどこのアンプ・メーカーもチャンネル数が多いものを発売していますね。色々できるアンプのニーズが高まっているんでしょうね。
さっそく聞いてみました。


価格:
JVM410H CF(4ch) 295,050円(税込)
JVM210H CF(2ch) 248,850円(税込)
JVM205H CF(2ch) 220,500円(税込)

JVM205Hの動画はこちら↓↓

JVM205Hの音を聞いてみた感想

これは、完全にへヴィメタル・アンプ!というかエレキギターがへヴィメタル仕様なだけかもしれませんが、モダンな音のするギター・アンプという所感です。

一方JVM410Hの動画はこちら↓↓

JVM410Hの音を聞いてみた感想

ん~こっちはJVM205Hとうって変わってストラトキャスターな音してますね。音に関してはギターによるところが大きいのでなんとも言えないですが、やはり煌びやかでマイルド、モダンな音という印象でした。