エレキギター博士:新着記事
2018年7月17日 イコライザー・エフェクターについて
2018年7月12日 リディアンフラットセブンス(♭7th)スケール
2018年7月8日 ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ(P5↓)スケール
2018年7月6日 遊び心溢れるフェンダーの限定コレクション「PARALLEL UNIVERSE」
2018年7月3日 BOSSのギタープロセッサー「GT-1000」徹底レビュー!

今日のギター女子 : Joanne Shaw Taylor(ジョアン・ショウ・テイラー)2013年10月18日

joan

joanne

Joanne Shaw Taylor(ジョアン・ショウ・テイラー)は1986年イギリス・バーミンガム出身の女性ブルース・ギタリスト/シンガー。アルバート・コリンズ、ジミ・ヘンドリックス、スティーヴィー・レイヴォーンに影響を受けてギターを手にし、16歳の時には元ユーリズミックスのDave Stewart(デイヴ・スチュアート)に見いだされてプロとしてライブ活動を始め、2009年にアルバム「White Sugar」でデビュー。ほぼ全曲で作曲し、シンガーとして歌もうたっています。
2010年には2枚目のアルバム「Diamonds in the Dirt」、2012年には3枚目のアルバム「Almost Always Never」を発表しています。

使用エレキギターはフェンダー・テレキャスター。ジャキジャキとした図太いサウンド/迫力のストロークからわかる通り、テレキャスらしさを全面に押し出したプレイが特徴。ギターソロに関しても、英国風の洗練された印象と色気・迫力を兼ね備えていて圧巻です(この若さで!)。

オフィシャルサイト:http://joanneshawtaylor.com/main/