エレキギター博士:新着記事
2019年8月23日 《ライブ志向、日本オリジナル》Fender Aerodyne II Stratocaster
2019年8月22日 Suhrのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介
2019年8月17日 《トラッドな最新兵器》Fender American Performer Telecaster
2019年8月15日 Xoticのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介
2019年8月14日 《使いやすく、弾きやすい》Fender American Performer Stratocaster

チェット・アトキンスのギター・プレイ2010年2月18日

チェット・アトキンス(chester-atkins)といえばグレッチのエレキギターであるカントリージェントルマンを世に広めたギタリストです。
カントリー・ミュージックの世界ではかなり有名ですよね。ですがギター・プレイの幅はそれに収まらずジャズやブルースからの影響も吸収していたようです。

いつも細いタイをしてスーツ姿、2001年、77歳で永眠されたその時までそのスタイルを貫き通した、ダンディなギタリストなんです。

演奏スタイルをウィキペディアから転載します。

サムピックとフィンガーピッキングを多用して、ギターソロに厚みを出すのが特徴。低音弦(4~6弦)をミュートしながら弾き、高音弦(1~3弦)を指で弾いてメロディとコードを奏でる。この独自のスタイルは自身の名前が付き、チェット・アトキンス奏法と呼ばれている。

オリジナルの奏法をあみだし、教則ビデオとかいっぱい出してますよ。
見てみたいな~。
you tubeから動画をアップしときます。

渋いですね。