エレキギター博士:新着記事
2017年7月18日 《良い楽器は、偶然にはできない》エピフォン ・ギター徹底分析!
2017年7月14日 エピフォンの真骨頂、アーチトップ・シリーズ特集!
2017年7月10日 Fender Japan Exclusiveテレキャスター徹底分析!
2017年7月5日 Epiphpne(エピフォン) SG のラインナップに注目!
2017年6月22日 フェンダー・テレキャスターの種類と選び方

やっぱり似る?親子ミュージシャン特集2016年1月18日 , ライター:森多 健司

51lsu1IQ8DL._SS280

親子でミュージシャンというのは兄弟ミュージシャンほどではありませんが、それなりに多いものです。親が偉大であればそれに反発して違う道を行くか、あるいはそれに憧れて追従していくかのどちらかになりそうなものですが、後者にあたる人たちが、同じ音楽の道を志した結果と言えるでしょう。

今回はギタリストを含む親子を中心に特集してみました。
続きを読む!

ジャズギタリストは、なぜストラトを使わないのか2016年1月5日 , ライター:小林 健悟

The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery

ジャズギタリストは、なぜストラトキャスター・タイプのエレキギターを使わないのでしょうか。コードプレイならさておき、特にクリーントーンでリードを取るプレイヤーに、ストラトの名手はいません(ご存知なら、是非教えて下さい!)。

これはストラトが抱えている、「弦ごとの音量がバラついている」という如何ともしがたい問題が一因だと考えています。そこで今回は、どうしてバラつくのか?またどうすりゃいいのか?を考えていこうと思います。

続きを読む!

〇〇風フレーズ。偉大なギタリスト達のシグネチャーLickを覚えよう♪2015年12月24日 , ライター:中前 議晴

71nvHT-KKjL__SL1500_ Paul Gilbert Vibrato

偉大なギタリストの多くは「このフレーズは誰々のフレーズだ!!」と一聴してわかるフレーズ・リックを持っているものです。

「手癖」などと言われることもあります。

そこで、今回はこのフレーズを弾けば〇〇風のギターが弾けるというシグネチャーLickをいくつかご紹介してみたいと思います。 続きを読む!

フロアタイプ・プリアンプ特集2015年12月23日 , ライター:森多 健司

51nijbKG7GL

意気込んでエフェクターボードを持ち込んで、いざスタジオへ!…ところが、音を作ろうとした矢先に、常設アンプのショボさにフラストレーションが溜まった経験のある方は少なくないでしょう。いくらエフェクターが良くても、肝心のアンプがダメでは話になりません。個人的にマーシャルは特に酷い場合が多いと感じます。

そんなときに、エフェクターボードに忍ばせておくと安心なのが、フロアタイプのプリアンプ。そのまま歪みエフェクターのようにアンプのインプットに直接挿すも良し、アンプのリターン端子に接続するも良し、一つあると安心です。 続きを読む!

コードフォームの覚え方(○M7)2015年12月11日 , ライター:澤田 卓也

lespaul_2

コードって良く使う割に中々わかりづらいものなのではないでしょうか?

私は高校生の頃、ずっとハードロックをやっていましたが初めてジャズのまねごとを友達に誘われてした時に自分があまりにもコードがわかってないのを実感しました。
例えば、同じコードでもいろんなコードネームの書き方があったり、押さえ方もいろいろあったり。

今回は「コードフォームの覚え方」の中で◯M7というコードについて書いてみました。 続きを読む!

Eddie Van Halenシグネチャーエフェクター4種まとめ2015年12月9日 , ライター:中前 議晴

Van Halen

ハードロックバンド「Van Halen」のギタリストであり、右手の指でのハンマリングやプリングにより音を出す「ライトハンド奏法(タッピング)」を広く普及させたことで知られるEddie Van Halen。

彼の名を冠したオーバードライブペダルが発売になりました。

過去にも幾つかEddie Van Halenモデルのエフェクターが登場しており、どれも音質が良く現場での使い勝手もよい実戦向きなエフェクターでした。

そこで、今回は今までに発売されてきたEVHシグネチャーモデル・エフェクター4種類をご紹介いたします。 続きを読む!