エレキギター博士:新着記事
2017年2月23日 《徹底検証》SSH配列ストラトの魅力に迫る!
2017年2月17日 ギターとベースってどう違うの?
2017年2月16日 EMGのピックアップ
2017年2月6日 【4コマ漫画】ギター博士と六弦かなで
2017年2月5日 ハムバッカー・ピックアップのカバーを外したら、どういう効果が得られる?

様々なメディアの「運転中に聴くと危険な音楽」ランキングベスト52011年5月21日

jigoku

様々なメディアが「運転中に聴くと危険な音楽」ランキングを発表していたので紹介しようと思います。
ロックからヒップホップ、クラシックまで、ジャンルも色々とランキングされていますよ。

運転中に聴くと危険な音楽 – NME.COM

NME.COMがランキングをつけた”most danger song”第一位は、白人ヒップホップユニット「ビースティ・ボーイズ」のヒット・ソングであるサボタージュ。テンポは遅いですが、はちゃめちゃ感満載の楽曲なので確かに危ないかも。

  • 1. Beastie Boys – ‘Sabotage’
  • 2. The Prodigy – ‘Firestarter’
  • 3. Papa Roach – ‘To Be Loved’
  • 4. Kanye West – ‘Stronger’
  • 5. Rachmaninoff – ‘Prelude In C Sharp Minor’

most dangerous acts to listen to while driving

運転中に聴くと危険な音楽 – RACファウンデーション

イギリスのRACファウンデーションによると、ワーグナー、ジュサピー・ヴェルディとクラシックの曲がランクイン。クラシックも曲によっては危ないみたいですね。

  • 1. ワーグナー – ‘ワルキューレの騎行’
  • 2. プロディジー – ‘ファイヤースターター’
  • 3. ベースメント・ジャックス – ‘レッドアラート’
  • 4. フェイスレス – ‘インソムニア’
  • 5. ジュサピー・ヴェルディ – ‘レクイエム’

~一般的に、60BPM(Beats per Minute)を超えるテンポの楽曲を聴くと、心拍数と血圧が上がる。ダンス音楽では特に顕著だ~

RAC Foundation

確かに「ワルキューレの騎行」はヤバそうですね。
どうしてもフランシス・コッポラ監督の戦争映画「地獄の黙示録」を思い出してしまうからでしょうか。
マシンガンの音が聞こえてきそうです。

プロディジーの「Firestarter」はどちらのチャートにもランクイン。テクノ系は危ないです。
筆者もテクノ系の音楽を車中で聴いていて、曲がるべき信号を曲がれなかった、という経験があります。

運転中の方はくれぐれもこれらの音楽を聴かないようにしてくださいね。