エレキギター博士:新着記事
2017年6月22日 フェンダー・テレキャスターの種類と選び方
2017年6月15日 エフェクターを使ってみよう!〜はじめてのエフェクター〜
2017年6月12日 《これぞ、本家》フェンダー・アメリカン・シリーズ・テレキャスター徹底分析!
2017年6月1日 フェイザー・エフェクターについて
2017年5月31日 《4コマ漫画》ギター博士と六弦かなで

ウェイン・クレイマー(MC5)モデルのフェンダー・ストラトキャスター2011年3月20日

ウェイン・クレイマー(MC5)・モデルのストラトキャスター

ラモーンズよりもさらに遡ること1960年、パンクロックの元祖と呼ばれ「kick out the jams」などの曲で知られるバンド「MC5」のギタリスト、ウェイン・クレイマーのシグネチャー・モデルがフェンダー社より発表されました。

110311_WayneKramerST-plate

このWayne Kramer Stratocasterは、MC5が星条旗(Stars & Stripes)をまとい、反体制を叫んだライブ・パフォーマンスでウェインが抱えていたギターを元にしたモデルだ。

ボディはアルダーでラッカー塗装。フェンダーの”WORN”フィニッシュにより、傷や剥がれも見事に再現されている。ネックはメイプル、指板はローズウッドで、ヘッドストックは70年代スタイルのラージ・ヘッド。

ピックアップはSeymour Duncan ’59 Humbuckingと、2基のVintage Style Strat Single-CoilがS-H-Sレイアウトで配置されている。そしてジョイント部のプレートには、”This Tool Kills Hate”と”WAYNE KRAMER”の文字が刻印されている。

フェンダーのアーティスト・シリーズの中でも、見た目のインパクトが最も大きな1本だろう。
引用元:ウェイン・クレイマー(MC5)の星条旗のストラトキャスターをフェンダーが復刻 | リットーミュージック

MC5を知らないっていう人はRage Against The Machineのカバーでチェック!!