エレキギター博士:新着記事
2016年11月27日 更なる深淵へ「8弦/9弦ギター」特集
2016年11月13日 《2016楽器フェア》レポート:エレキギター&エレキベース編
2016年11月10日 弦がビビる、その原因を探ってみよう
2016年11月8日 《木で作る「音」。》Bizen Works訪問インタビュー
2016年10月30日 ボトルネック奏法:スライドバーの使い方

グレッチから、センターブロック構造を採用したエレクトロマティック・シリーズのエレキギター登場!2014年3月21日

G5655T-CB Electromatic CENTER-BLOCK

グレッチの廉価版モデル「Electromatic(エレクトロマティック)」シリーズから、センターブロック構造、ダブルカッタウェイのエレキギター【G5655T-CB Electromatic CENTER-BLOCK】/シングルカッタウェイの【G5620T-CB Electromatic CENTER-BLOCK】の2種類が登場しました。

G5655T-CB Electromatic CENTER-BLOCK

G5655T-CB Black

G5655T-CB は、くり貫かれたボディ内部の中央部分にスプルース材を配置することによって、セミアコースティックギターの鳴り・サウンドを狙った「センターブロック構造」を採用しており、ホローボディにもかかわらずフィードバックを起こしにくい特性を持ったエレキギターです。
ボディは44.45mmと比較的薄く、指板にはクラシック・サムネイル・ポジションマーカー・インレイが入り、ネックはセットネックジョイント構造。ピックアップにはビンテージ風スーパー・ハイロートロン・ピックアップ(フロント)、ブラックトップ・フィルタートロン(リア)を、そしてグレッチ王道のビグスビーB50ヴィブラート・テイルピースを搭載。

また、ビンテージスタイルの音楽製だけでなく、ハードロック・パンク・ヘヴィメタルなどにも対応できるギターとなっているとのことです。

スペック

その他のスペックは以下

  • ボディ:メイプル
  • ネック:Modern Gretsch®、メイプル
  • フレット:22フレット、ミディアムジャンボ
  • 指板:12.5″(320 mm)、ローズウッド
  • ナット幅: 1.6875″ (42.8 mm)
  • スケール長:24.6″(625 mm)
  • ブリッジ・ピックアップ:Black Top Filter’Tron™
  • ネック・ピックアップ:Dual-Coil SUPER HiLo’Tron™
  • ピックアップスイッチ:3-Position Toggle: Position 1. Bridge Pickup,Position 2. Bridge and Neck Pickups,Position 3. Neck Pickup
  • コントロール:Volume 1. (Neck Pickup),Volume 2. (Bridge Pickup),Tone (Bridge Pickup Only),Master Volume
  • ハードウェア:Chrome-Plated
  • ブリッジ:Anchored Adjusto-Matic™ Bridge with Bigsby® Licensed B50 Vibrato Tailpiece
  • チューニングマシーン:Grover® Die-Cast
  • 弦:.010-.046 Gauges
  • カラー:Black、Rosa Red、Georgia Green

グレッチのラインナップの中では廉価版だということですが、10万を越える価格帯やしっかりした作りなど、初心者向けといった印象はありませんね。グレッチのサウンドを気軽に楽しみたい人・現代的なサウンドにも対応したいグレッチ・ファンはチェックしてみてはいかがでしょうか。

G5620T-CB Electromatic CENTER-BLOCK

G5620T-CB Electromatic CENTER-BLOCK

一方G5620T-CB は G5655T-CB とほぼ同じスペックながら、片方だけのカッタウェイでキャッツアイサウンドホールを採用したモデル。

こちらはよりカントリー・ロカビリー・チキンピッキングサウンドなどの演奏に向いているモデル。

しかしこちらのギターも G5655T-CB 同様、ハイゲイン・メタルサウンドにも対応できる様子です(3:30〜)。