エレキギター博士:新着記事
2017年3月20日 メキシコ製フェンダー・テレキャスター徹底分析!
2017年3月19日 Squier by fender:スクワイヤのギターについて
2017年3月9日 Fender DUO-SONIC(フェンダー・デュオソニック)
2017年3月6日 セイモアダンカン(Seymour Duncan)のピックアップ
2017年3月2日 どこまでも追求するオリジナリティ:フェルナンデス訪問インタビュー

コードフォームの覚え方(テンションを含んだコード)2015年12月22日 , ライター:澤田 卓也

20141107_135324800_iOS

前々回、前回に引き続きコードの覚え方について、です。
今回は「テンションノートを含んだコードのコードフォームを覚えよう!」というお話です。

ギターでテンションを含んだコードを押さえるためには…

テンションを含んでコードをギターで押さえようとするとコードトーン4音+テンションノートで全てを押さえようとすると指が足りません。
なのでテンションを入れる場合はコードの中のどれかを省略する必要があります。
ほとんどの場合、省略されるのは5度の音です。
ルート音は一番大切なので音ですし、3度音と7度音はコードの性格音と言われ、コードの性質を表す音なので省略するわけにはいきません。
なので5度音を省略します。

ルート音、3度音、7度音の3つをまず下から
ルート音→3度音→7度音か、ルート音→7度音→3度音のどちらかの順に置いていきます。

4w,spread

では各コードのルート音、3度音、7度音の復習です。

M7の3度音と7度音を基準にコードにあわせて半音上げたり、下げたりでしたね。

基本コード3度7度

この上にナインスなどのテンションノートを置いていきます。
(上に5度音を置く場合もあります。)

各コードのそれぞれの音の配置を見てみましょう。

R.3.7

5弦ルートの場合、ルート音→3度音→7度音
6弦ルートの場合はルート音→7度音→3度音
の順で置いていく場合が多いようです。

テンション・ノートについて

テンションノートには
・9度系、11度系、13度系の3つがある
・9th、11th、13thを1フレット下げればフラットが付き、上げればシャープが付く。
b9th←9th→#9th

11th→#11th

b13th←13th

b11thは長3度と同じになるので使用しません。
また#13thは短7度と同じになるので使用しません。

各テンションノートの配置

5弦ルート、6弦ルートそれぞれの各テンションノートの配置は次のようになっています。

tension

コードフォーム

実際はコードによって、テンションにできる音はある程度決まっていますが、ここではその中で主なコードのコードフォームを載せておきます。

各コードが使う事ができるテンションノートはキーによって決まります。

どういう時にどういうテンションが使えるのか?に付いてはまた別の機会に。

メージャーセブン・5弦ルート

M7(9)M7(#11) M7(13)

メージャーセブン・6弦ルート

M7(13)6M7(#11)6

セブンス・5弦ルート

7(9) 7(b9)7(#9)7(#11)7(13)7(b13)

セブンス・6弦ルート

7(#11)67(13)6 7(b13)6

マイナーセブン、マイナーセブンフラットファイブ5弦ルート

minor7(9)m7(11)

マイナーセブン、マイナーセブンフラットファイブ6弦ルート

m7(11)6

ライター:澤田 卓也

ミュージックカレッジ・メーザーハウス講師。 澤田卓也ギタースクール主宰。 著書として「ギターコード・パーフェクトマスター」「アコースティックギター・パーフェクトマスター」(共に日本文藝社刊)。 ジャズ、ロック、ブルース、ポップス等ギターミュージックは全部好きです! 自分のバンドではジャズ・フュージョン系の音楽を演奏しています。