エレキギター博士:新着記事
2017年10月20日 ゼマイティス・カスタムショップ「パール・フロント」と「メタル・フロント」を弾いてみた!
2017年10月15日 《4コマ漫画》ギター博士と六弦かなで
2017年9月22日 Suhr(サー)のエレキギターについて
2017年9月16日 Godin(ゴダン)のエレキギターについて
2017年8月24日 個性溢れる木材を採用するフェンダー限定モデル「EXOTIC WOOD COLLECTION」

エレハモの新しいBig Muff「Germanium 4」チェックしたよ2010年8月29日

エレハモの新しいBig Muff「Germanium 4」

Electro Harmonix社から間髪いれず新しいエフェクターの登場ですよ。

オーバードライブ・ディストーション用のBig Muffです。

Big Muffも時代と共に様々な機種が出ましたね。
デザインが全部カッコいいのがエレハモ社のニクいところ。
Big Muffのビジュアルの変化をちょっと追ってみましょうか。

Big Muffの歴史を写真だけで追ってみた

一番代表的なのがこのファズっぽいディストーション。かっこよいですな~。
Big Muffエフェクター
U.S.A. BIG MUFF

こちらのデザインはロシアで発売されたって聞きました。日本でも売ってます。ファズ。

Big Muffエフェクター

さらにお洒落というか可愛くなって登場したBig Muff。ディストーション。

Big Muffエフェクター
Big Muff with Tone Wicker

こっちも女性に人気がでそうなルックス。ベース用ディストーションです。

Big Muffエフェクター
Bass Big Muff

とまあいろいろありますが、今回のBig Muffの詳細は以下

Big Muff「Germanium 4」の詳細

ゲルマニウム・トランジスタを搭載したBig Muff。想像をはるかに超えた夢のモデルです。オーバードライブとディストーションは、それぞれにゲルマニウム・トランジスタを2個づつ、計4個搭載しています。これらによりゲルマニウム独自の歪みを生み出します。

ディストーションにはVoltsコントロールとBiasコントロールを搭載。Voltsは電圧が低下した電池を使用したときの動作を再現します。Biasコントロールは歪みの質を変化させます。オーバードライブにはBiasコントロールとToneコントロールを搭載しています。

これらの豊富なコントロールにより歪みのキャラクターを自在に操れます。更にディストーションとオーバードライブは組み合わせて、4ゲルマニウム・ディストーションとしても使用できます。2つの回路を組み合わせる事で、多彩なゲルマニウムMuffサウンドを生み出します。

Germanium 4の主な特徴

  • オーバードライブとディストーションは組み合わせて、又は独立して使用可能
  • ゲルマニウム・トランジスタを4個搭載
  • 多彩なディストーション・サウンドを実現するBias/Voltsコントロールを搭載
  • 多彩なオーバードライブ・サウンドを実現するBias/Toneコントロールを搭載
  • Voltsコントロールは消耗により電圧が降下した電池を使用した際の動作を再現
  • モノイン、モノアウト
  • 電池駆動可能