• カテゴリ「オーバードライブ」に関する記事:全 12112 件目
オーバードライブ エフェクター
オーバードライブ・エフェクターについて動画・レビューを紹介しているサイト

高いだけが能じゃない!安くても使える厳選歪みエフェククター2016年7月7日 , ライター:中前 議晴

2015ボード2

世の中にはブティック系ハンドメイドエフェクターメイカーが数多く存在し、その数も年々増えてきました。

ハイクオリティーの材を使用し、ひとつひとつ丁寧に仕上げる事が多いため、ご存知の通りかなりお高い売値になっていることが多いです。

著者も1個30,000円だとか、高いものだと50,000円といったエフェクターを弾いたこともあります。
確かに高級な音質だったり、ピッキングに対する反応だったりいいことはたくさんあります。

ですが高いエフェクターを買えばいい音が出せるのか?

答えは”No”です。

やはりセッティングや使い手の技量もかかわってきてしまうので高ければいいとは言えません。

それに世の中には安くてもいい音の出るエフェクターは意外とたくさん存在します。
今回はそんな安くてもいい音の得ることが出来る歪系エフェクターを集めてみました。 続きを読む!

国産エフェクターブランド「VEMURAM」現行品を全機種検証してみました!2016年7月7日 , ライター:中前 議晴

rage e

ジャパン・メイド・ペダルの”VEMURAM”。

高品質で音質も素晴らしく、国内のみならず海外アーティストにも愛用者が多いペダルですよね。

Michael Landau や Oz Noy、Josh Smith、Matt Schofild、Scott Henderson、Richie Samboraなど少し玄人好みのギタリストが名を連ねています。

国内ではTomo Fujita氏も使用していらっしゃいます。

そもそもMichael Landau氏がVEMURAMの”Jan Ray”というモデルを使用していることが話題になり、海外から火が付いたブランドです。

私もいくつか所有したこともあり大好きなブランドです。

先日、また新しいペダルが発売されると発表されていますし、増々目が離せないVEMURAM。

そんなVEMURAMの現行品を全て試奏することが出来たので今回は全機種を検証してみたいと思います! 続きを読む!

プロ御用達 Sweet Honey Overdrive が新しくDeluxe になって登場!2016年6月15日 , ライター:中前 議晴

Mad Professorロゴ

フィンランドのエフェクター/アンプメーカーである”Mad Professor”。

数年前から話題になり今では絶対的な地位を確立し、今では楽器屋さんで「いい歪エフェクターない?」と聞くと、必ず名前の挙がってくるブランドです。

そんな”Mad Professor”ですが、やはり評判がいいのがオーバードライブやディストーションといった歪み系エフェクターです。

中でもオレンジ色のボディーを持った”Sweet Honey Overdrive”はプロのエフェクターボードでも良く見かけるエフェクターであり、非常に出来の良いオーバードライブペダルとなっています。

“Mad Professor”でも人気の高い”Sweet Honey Overdrive”がこの度リニューアルして登場しました! 続きを読む!

未だに人気の衰えないオーバードライブペダル「Jan Ray / VEMURAM」レビュー2015年9月12日 , ライター:中前 議晴

janray引用 www.keuringsdienstvansnaren.nl

Jan Ray
日本が世界に誇るエフェクターブランド「VEMURAM(ヴェムラム)」。
ラインナップのエフェクターすべてが高品質

その中でもマイケル・ランドゥ氏の使用で人気爆発のオーバードライブペダル、「Jan Ray」についてレビューしていきたいと思います。

この「Jan Ray」、中古市場でもなかなかお目にかかる機会も少なく、中古で売りに出ていてもあまり値段の下がらないエフェクターです。
それだけ質が良く、誰も手放さないということでしょう。

1960年代の Fender Blackfaceアンプのノブをヴォリューム6 トレブル6 ミドル3 ベース3の設定にした”Magic 6″と呼ばれる魔法のセッティングで得られる極上トーンを再現しているとの事です。

残念ながら著者は1960年代ブラックフェイスを試したことが無いため、その辺りのレビューは控えさせていただきたいと思います。 続きを読む!

TUBE SCREAMERの超コンパクトモデル!Ibanezの「TS MINI」に迫る!2015年2月11日

ibanez-ts-mini

世界最大の楽器ショーである「NAMM SHOW 2015」で正式発表され、大きな話題を呼んでいるのがIbanezの「Tube Screamer Mini(TS MINI)」です。本家Tube Screamerの最新モデルとなる訳ですが、TS-808やTS9といった歴代ペダルとはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、そんなTS MINIの魅力に迫ります。 続きを読む!

2012年上半期に登場した、紹介しきれなかったエフェクター全27個2012年6月20日

effector-2012

壊滅的な音楽業界に反比例して、楽器製品の需要は伸びゆく一方。海外エフェクター・ブランドの取り扱いも続々と増えています。

そこで今回は2012年に入って登場した、当ブログでまだ紹介していなかった新しいエフェクターを一挙紹介!!
新進気鋭のブランドが多く登場しますが、今までにないかなり過激なサウンドのエフェクターが数多く発売されています。

ギタリストだけでなくDTMな人も要チェックです!

続きを読む!

Electro Harmonix社のアルミ製エフェクターを全て眺めてみました2010年11月2日

electro-harmanix
このブログでも度々取り上げているエフェクター・メーカー「Electro Harmonix」社。

Electro Harmonixのエフェクターはモジュレーション系のエフェクターの製造が得意で性能が非常に高く、他社にはない+アルファのステキな技術が施されているんですよね。ここの会社にしか出せないトーン、面白いモジュレーションが満載なんです。その一方でエフェクター本体が
えらいデカい
現在はわりとコンパクトなラインを製造していますが、一昔前までは弁当箱サイズのエフェクターばかり!!こんなんスタジオやライブに持っていけるわけないじゃん、なモノばかりだったんです。ですがその不便さに余計愛着がわくんですよね。

今回はそんなElectro Harmonixの馬鹿デカいアルミ製のエフェクターばかりを集めて紹介します。
続きを読む!

オーバードライブ・エフェクター「SKULL CRUSHER」2010年3月3日

オーバードライブ・エフェクター「SKULL CRUSHER」

いや~いいですね~このデザイン。

アンプデザイナーのジョン・カシャと、ハリウッド映画のスペシャルエフェクトクリエーター、ショーン・クロスビーにより設立された米国トーンボックス社の第1弾製品として発表されたそうです。

なんといってもエフェクターがオンの時に光る目玉が印象的!
目玉は青と赤に光るやつの2つのバリエーションです。 続きを読む!