エレキギター博士:新着記事
2016年11月27日 更なる深淵へ「8弦/9弦ギター」特集
2016年11月13日 《2016楽器フェア》レポート:エレキギター&エレキベース編
2016年11月10日 弦がビビる、その原因を探ってみよう
2016年11月8日 《木で作る「音」。》Bizen Works訪問インタビュー
2016年10月30日 ボトルネック奏法:スライドバーの使い方

あの伝説的ワウペダルが小さくなった!?Jim Dunlopの小型ワウ CBM95 Cry Baby Mini Wah を紹介!2015年3月27日

CBM95 Cry Baby Mini Wah

「Cry Baby」はエリック・クラプトンやジミ・ヘンドリックスが愛用したことで有名な伝説的ワウペダルです。今現在も多くのギタリストに使われ、ワウペダルの定番として君臨し続けています。

そんなCry Babyを大幅にダウンサイジングした新製品、「CBM95 Cry Baby Mini Wah」がJim Dunlopから発表され大きな話題となっています。一体どのようなペダルなのか、今回は世界中で話題の小型ワウを取り上げていきます。

CBM95 Cry Baby Mini Wahのサイズについて

まずは通常のCry Babyと、今回登場したMini Wahのサイズを比べてみましょう。

・GCB-95 CRYBABY WAH WAH 250(縦)×100(横)63×(高さ)1.7kg(重量)
・GBM-95 CRYBABY Mini Wah 132(縦)×80(横)×63mm(高さ)440g(重量)
・BOSS SD-1 125(縦)×70(横)×55(高さ)400g(重量)

miniwah-wah ミニワウとワウの大きさ比較
引用元:PGS

ご覧のように、縦は通常モデルのおよそ1/2、横は2/3程度にダウンサイジングされています。高さは変わらないものの、本体重量が440gと大幅に軽量化されていることにも注目です。

また、参考としてBOSSの定番オーバードライブであるSD-1を挙げてみましたが、そのサイズを比べてみると、Mini Wah はSD-1と「同程度の大きさ」になることがわかります。つまり、ワウペダルでありながら一般的なエフェクターのサイズとほぼ同じということになります。

Cry Babyのようなワウペダルは本体サイズが大きいため、スペースの問題でボードに組み込めないことが頻繁に起こります。しかし、通常のエフェクターと同程度のサイズなら、そういった問題に悩まされることも無くなります。

その他の特徴について

BM95 Cry Baby Mini Wahはトゥルーバイパススイッチを採用しています。ワウペダルのネックとして挙げられるのがオフ時の音痩せですが、Mini Wahではそれが改善されます。

また、内部スイッチの切り替えにより、ワウサウンドのボイシングを変更することが可能です。ロー、ビンテージ、GCB95といった3種類のボイシングを選ぶことができ、楽曲に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

小型化によるメリットとデメリット

ここであえて、小型化によるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。
最大のメリットは、比較的サイズの大きいCry Babyが「コンパクトになった」ということです。ボード内でスペースを取ることもなく、一般的なエフェクターと同じように扱うことができます。軽量化されていることもあり、持ち運びも楽になるのは間違いありません。

デメリットに関しては現物が出回っていないため確かなことは言えませんが、人によっては従来製品よりも踏み心地が悪く感じるかもしれません。これは本体のコンパクト化により、足の裏が乗る面積が少なくなるためです。慣れてしまえば問題ないのかもしれませんが、導入時はしっかりと練習してから実践に投入すると良いですね。
発売は2015年5月頃となっています。

CBM95 Cry Baby Mini Wah

Supernice!エフェクターで最安値をチェック

ワウ・ペダル徹底比較!!「VOX」vs「Jim Dunlop」vs「Morley」編 – エレキギター博士