エレキギター博士:新着記事
2017年1月13日 アンプ内蔵ギターって、どういうもの?
2017年1月4日 オルタネイトピッキングの練習
2017年1月3日 【4コマ漫画】ギター博士と六弦かなで
2017年1月3日 《日米共同プロデュース》E-II(ESP USA)のギター
2016年12月30日 《眉間に皺を寄せろ!》LTDのギターについて

劣悪な環境下でも音質を変えない:providence vitalizerを実証してみた2016年6月12日 , ライター:中前 議晴

providence vitalizer

ギターシールドやエフェクターで有名なProvedence(プロビデンス)。
プロにも愛用者も多く、使用している方も多いと思います。

そんなProvidenceが力を注ぐVitalizer(ヴァイタライザー)とはいったいどんなシステムなのでしょうか?

Vitalizerとは

音質の変化や劣化、さらにはノイズの混入を抑えてVitalで活きいきした信号を出力するActive Impedance Converterです。

パッシブ/ハイインピーダンス信号は電気信号としては弱いもので、例えば20mとかの長いケーブルを引き回したり、トゥルーバイパスのエフェク ターを多用するなどした場合、音質に対して影響を受けやすくなります。
Vitalizer®はそのような環境で威力を発揮します。Vitalizer®を通した後の信号は一見変化が無いように聞こえますが、その名が示す通り元気で活きいき した状態で出力されていて、音質の変化や劣化、さらにはノイズの混入を抑える事ができるのです。
~メーカーサイト引用~

はい、技術的なことも記載されているため少し分かり辛いかもしれませんが、要するに音質の”劣化を防ぐ”ということですね。

とは言うものの、どの程度音質に影響があるものなのか疑問なところもありますよね。

そこで著者が最近Vitalizerを搭載したProvidenceのギターを手に入れたため、実際に検証してみました!

Vitalizer搭載ギター:sD-102RVS

sD-102RVS

今回著者が手に入れたのは”Providence sD-102RVS”というギター。

超大御所スタジオミュージシャンである今剛氏のシグネーチャーモデルです。

多くの現場をこなす今氏らしくプレイアビリティも抜群な1台です。

もちろんVitalizerも搭載されていて、音質劣化やノイズ対策もバッチリです。

ボディーについているスイッチでVitalizerのon/offを切り替えます。

実験1:アン直で弾き比べ

さて、問題はここからです。

Vitalizerとやらはいかほどの効果をもたらしてくれるのか。
大事なところですよね。

先ずは普段使用しているEx-proのそこそこいいシールドを使い、ギターとアンプ直の環境でVitalizerをon/offして弾き比べてみました。

結果、

違いはあまり分かりませんでした。

機械を使って計測すればonとoffで何らかの変化はあるのかと思いますが、聴感上は特に変はなく感じます。

実験2:エフェクターを10個程、直列に繋いで弾き比べ

次は音が劣化するように家にあるエフェクターを10個程、直列に繋いでみました。

もちろん音質劣化には欠かせないワウペダルも2台繋がっています。

そんな数を直列に繋ぐなんて考えただけでも恐ろしい…

結果!

これは明らかに音が変わります。

ナチュラルなギターので音質が変化したのでなく、音劣化がなくなり音が太くなったという印象です。

そして、数多くエフェクターを経由したことのよりハイの成分がなくなり、こもった音になっていたのも劣化の少ない元気でハリのある音に戻りました。

実験3:長いシールドを使っての弾き比べ

Providenceのメーカーサイトでは、”20mとかの長いケーブルを引き回したり“という記述が出てきます。

今回、著者で20mという長さのシールドは用意できなかったため試すことはできなかったのですが、メーカー側がこのような実験動画を出していました。

一般的には音質は”よくない”と位置づけられているカールコード。

昔、使用したことがありますがこれ1本、アンプ直でも音が劣化するような代物です。

それをいくつも繋ぎ合わせて35mまで伸ばし実験しています。

流石に35mともなると音質の劣化は激しいですね。
著者ならこの音でステージに立つのは嫌です。

ですが動画のとおりVitalizerをonにしてあげると、あ~ら不思議、音質が元に戻るのです。

まとめ

今回はVitalizerの効果を実証してみました。

家で小さな音で演奏しているときにはあまり効力を感じることができないかもしれませんが、大きな会場で演奏する際や、たくさんのエフェクターを使用する方にはとても使えるシステムなのではないかと思います。

スタジオやライブでは、著者も常時onで使用していることが多いです。

Vitalizerは付いているProvidenceのギターを購入しなくても、パーツとして販売されているので、ご自分のギターに取り付けることができるようです。

機会があれば是非、ご自分の耳でその効果を実感していただきたいシステムです。

Vitalizer関連の機材を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す

ライター:中前 議晴

マーティ・フリードマンなどとも共演。親しみやすく和やかな雰囲気でのレッスンが好評!! ギタースクール ROOTSのページ – ギター教室navi