• カテゴリ「コラム」に関する記事:全 321324 件目

GN’Rが新曲作成中!?初期メンバーGN’Rの名曲を振り返ってみよう2016年6月16日 , ライター:中前 議晴

gn's アペタイト・フォー・ディストラクション

2016年4月1日、GUNS N’ ROSES(GN’S)がオリジナルメンバーであるSlash(Gt)とDuff McKagan(Bass)を迎えステージをこなし、4月8日から全米ツアーを行ったのは記憶に新しいことです。

SlashとDuffはあれだけボーカルであるAxl Rose(アクセル・ローズ)とバチバチやってましたからね。

この話を知ったときは驚きました。

そして先日、6月7日にAxl Roseがロンドンで行われたQ&Aセッションに出席。

その際に、

  • 新しいものに取り組んでいる。
  • スラッシュやダフ(マッケイガン)のためにプレイした。
  • 2人ともそれを気に入ってくれた。
  • 彼らがこれらに参加するかもしれない。

と説明していたようです。

!!!!!!

これが本当ならGN’Sでまたギターを弾くSlashが見れるわけですね!

もしかしたらSlashとDuffが参加してのジャパンツアー…
なんてことも、にわかに期待してしまいます。

事の真偽はまだわかりませんが、GN’SファンとしてはSlash、Duff在籍時代の名曲を振り返りながら朗報を心待ちにしましょう♪

では名曲5選!
いってみましょう♪
続きを読む!

超プレイヤー達の名カバー!レッド・ツェッペリン編2016年6月14日 , ライター:森多 健司

レッド・ツェッペリン Led Zeppelin

レッド・ツェッペリンはハードロックの始祖とも位置づけられている偉大なロックバンドの一つ。耳にこびりついて離れない印象的なリフや、プログレッシブロックのアーティストにも影響を与えた、音楽的構築度の高さなどから、様々なジャンルのアーティストにカバーされています。 続きを読む!

リリース25周年!名盤、Nevermind – Nirvana を振り返ってみよう2016年6月14日 , ライター:中前 議晴

Nevermind NIRVANA NEVERMIND

1987年、Kurt Cobain(Vo/Gt)、Krist Novoselic(Ba)、Dave Grohlのより結成。
1989年に”ブリーチ”にてデビューしたロックバンド、Nirvana。

そんな彼らの出世作、”Nevermind”。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

そうです、すっぽんぽんの赤ちゃんが水中で100ドル札に釣られそうになっているジャケットで有名ですよね。

こんな風にTシャツになったりしていて、そのバンTを街中で見かけることも多かったですね。

Nevermind _T
NIRVANA NEVERMIND

その”Nevermind”がリリースされたのが1991年9月。

そうです、ちょうど今から25年前。

特に日本では騒がれているわけではありませんが、アメリカでは25アニバーサリーと銘打たれた動画がアップされていたりしますね。

という事で、著者が勝手に”Nevermind”を振り返ってみたいと思います! 続きを読む!

自分を奮い立たせるならこれを聴け!テンション上がるメタルソング5選2016年6月13日 , ライター:中前 議晴

stonesour Stone Sour「COME WHAT(EVER)MAY」

著者は週に4日程、趣味で筋トレをすることが日課になっています。

ジムに足を運び、何十キロもあるプレートをバーベルにつけて上げ下げを行います。

そんな時に自分のテンションを上げるためイヤフォンをして大音量で音楽を聴いています。

なぜでしょうか?

それはやる気があがり、力が湧いてくるからです。

音楽は人間の心理状態に影響を与えていることが化学的にも解明されており、オリンピックの選手や各方面のアスリートさえも、気持ちを上げるため・気持ちを落ち着かせるために本番前に音楽を聴いているという事はよく聞く話です。

音楽は精神的なコントロールを助けてくれるのです。

選曲はアップテンポでパワフルなイメージのものが良いようです。

そこで今回は、自分を奮い立たせてくれるような”アップテンポでパワフル”な音楽を集めてみました。 続きを読む!

今どきのギター落下防止対策 ストラップピンまとめ2016年6月10日 , ライター:中前 議晴

PolyLock Strap

ライブやスタジオでギターを弾く際はストラップを使ってギターを肩にかけて弾くことが多いかと思います。

ドラムもベースもいて大音量でかき鳴らして、ノリノリで気持ちよく飛んだり跳ねたり。

が、
そのとき!!

ガコーンという鈍い音と共にストラップからギターが外れてヘッドが地面へ落下。
もしくはボディーが地面に激突。

激突する前に止めることができればいいのですが、落下してしまったらペグが曲がったりネックが折れたり、ボディーに大きく傷がついたりと、もう泣くしかありません。

そうなんです、デフォルトでギターについているストラップピン。
これに通常市販されているストラップをつけて使っていると、ストラップの穴がだんだんと広がってきてしまい、いつかはストラップが外れてしまうという災難に合うことが多いのです。

そこで、そんな災難に合わない為に防止策をまとめてみました。 続きを読む!

カッティングをマスターするならコレを聴け!Funkギタリスト8選2016年6月7日 , ライター:中前 議晴

N4VINTAGE

以前、ギタリストの必須テクニックとして「カッティング」についての記事、「まわりと差がつくギタリスト必須テクニック!あなたはちゃんとできますか?」を執筆しましたが、今回はそのカッティングを得意とするギタリストをまとめてみました。

彼らのカッティングは切れ切れのカッティングテクニックだけではなく、ボイシングやリフの作り方など非常に勉強になるものばかりです。

是非コピーしてご自身のギターに取り入れてみてください。 続きを読む!

あなたのギターが危険にさらされているかも!?梅雨時期対策してますか?2016年6月7日 , ライター:中前 議晴

57goldtop

いよいよ関東地方も梅雨入りしたようで、昨日も愚図ついた天気。
先月まではあんなに暑かったのに今朝もどんよりと曇って少し肌寒い朝に。

ギターは湿気に弱い楽器ということもあり、ギタリストには少しつらい季節がやってきました(´・ω・`)

今回はギターと湿度の関係と、その対策について書いていきたいと思います。 続きを読む!

超プレイヤー達の名カバー!ビートルズ編2016年5月19日 , ライター:森多 健司

91l7ue6WOhL._SL1500_ Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

ビートルズはその史上空前の影響力から「世界で最も成功したバンド」とされていますが、今やあらゆるミュージシャンでその影響を受けていない人はいないほどの存在です。曲作りにおいてのエポックメイキングな発想もさることながら、その楽曲のレベルの高さがその最大の理由であり、イエスタデイやサムシングなどは世界最高のカバー数を誇ります。

しかし、その反面カバーの難しさから「アレンジャー泣かせ」と言われており、その理由として「元々のアレンジが秀逸過ぎる」、「原曲のイメージが強すぎる」の二点がしばしば挙げられます。今回はそんな中で、プレイヤーの個性と原曲の素晴らしさをうまく引き出した名カバーを数点紹介します。プレイヤーの個性が出やすいという点で、一つを除いてはインストゥルメンタルもので選んでみました。 続きを読む!

オールジャンル対応OK!!仕事でも使える万能型ギター5選2016年4月2日 , ライター:中前 議晴

James Tyler Japan Studio Elite James Tyler Japan Studio Elite

メタルをやる時はピックアップがハムバッカーのギターを、ブルースやポップスをやる時はシングルピックアップがいい。
でもジャジーなこともやりたいし…

そうなんです..,
ギタリストって大概ワガママな生き物なんです。笑

とは言ってもそんなに沢山のギターを買う余裕はない…

そんなワガママなあなたの願いを叶えてくれるオールジャンルに対応可能なエレキギターを厳選してみました。
続きを読む!

超絶!タッピングの名手ギタリスト達2016年3月21日 , ライター:森多 健司

51ozHTTku3L stanley jordan DREAMS OF PEACE

右手で指板を叩いて音を出すライトハンド・タッピングは、今やアコースティックギタリストでさえ使う奏法として一般に定着しています。今回はそんなタッピングの名手にスポットを当ててみます。

ちなみに、エディ・ヴァン・ヘイレンがこれを広めた当時、日本ではライトハンド奏法と呼ばれていました。現在ではあまり使われない言葉ですが、昔のギター教本などを中古で入手したりすると、この呼び名で書かれています。 続きを読む!

スーパーギタリスト達と渡り合った、最強ボーカリスト特集2016年3月10日 , ライター:森多 健司

saikyo-vocalist

数多いギタリストの中でも、ギターヒーローと呼ばれるロックギタリスト達と数々共演している、希有なシンガーたちを特集。中には共演というか、アクの強いギタリストと喧嘩してさんざんな目に遭っている人もいますが、今回はそんな中でも特に有名な7人を取り上げました。 続きを読む!