エレキギター博士:新着記事
2017年1月13日 アンプ内蔵ギターって、どういうもの?
2017年1月4日 オルタネイトピッキングの練習
2017年1月3日 【4コマ漫画】ギター博士と六弦かなで
2017年1月3日 《日米共同プロデュース》E-II(ESP USA)のギター
2016年12月30日 《眉間に皺を寄せろ!》LTDのギターについて

スーパーギタリスト達と戦った凄腕キーボーディスト特集2015年11月28日 , ライター:森多 健司

61Lop4flEVL._SX425_

60〜70年代を皮切りとして、凄腕ギタリストの脇にそれをサポートしたり、あるいはバトルしたりする名キーボーディストが何人も現れました。今回、その中でもスーパーギタリストとの共演で有名な5人にスポットを当ててみようと思います。

Jon Lord(ジョン・ロード)

ディープ・パープルに最初期より在籍し、再結成後も含めてバンドを率い続けた名オルガン・プレイヤー。バンドはリッチー・ブラックモアが主導権を握ってからの方が有名な楽曲が多いですが、ジョン・ロードのセンスが強く感じられる初期が好きなファンも多いです。

サウンドとしてはシンセやピアノをほとんど使わず、実質ハモンドオルガン一色ながら、ギターアンプを通して破壊的なサウンドに仕上げたり、ロック音楽の中にオルガンの音色を溶け込ませた例として、後続に与えた影響も計り知れません。フレージングはクラシカルなものが多く、分散和音などを上手く使うスタイルが目立ちます。2012年、ロンドンにて死去。

Jan Hammer(ヤン・ハマー)

現チェコのプラハ出身。元々ジャズピアニストながら、ロック色の強いバンドに次々参加。第一期マハヴィシュヌ・オーケストラではジョン・マクラフリンと競演し、その後のジェフ・ベック「Wired」に参加したことで、ギターファンからも幅広く名前が知られることとなります。

スタイル的にはアナログシンセサイザーでのピッチベンドを多用したソロが特徴で、非常にギター的な演奏をするため、ギターとのバトルといった趣が特に強く出るプレイヤーです。80年代にはテレビ番組や映画音楽にも携わり、ジェフ・ベックの他にもアル・ディメオラの「Elegant Gypsy」など、ギタリストの中にもなじみ深いアルバムに多く参加しているので、一度は耳にしたことのある人も多いでしょう。

Don Airey(ドン・エイリー)

70年代初頭よりゲイリー・ムーアと共演するも、彼の名が有名になったのはその後のレインボーへの参加においてでしょう。アルバム「Down To Earth」「Difficult to Cure」と2枚のアルバムを残した後は、マイケル・シェンカーやウリ・ジョン・ロートなど、名だたるギタープレイヤーと共に音楽を作り続けています。2002年には再結成ディープ・パープルにジョン・ロードの後任として参加しています。

オルガンのみならず、ピアノやシンセも幅広く使い、広義の意味での「キーボードプレイヤー」と言えますが、ハードロック系の世界ではもっとも古参といえる存在の一人です。

Jens Johansson(イェンス・ヨハンソン)

スウェーデン出身。上述のジョン・ロードやドン・エイリーの影響を受けた後続の世代であり、超絶テクニックでフュージョン、メタル系の速弾きをメインとしたスタイルです。イングヴェイ・マルムスティーン・バンドの初期メンバーの一人で、ネオクラシカルな速弾きを連発するイングヴェイに劣らぬテクニックでバンドを支えました。

イングヴェイ・バンドから脱退した後はディオに加入、その後トニー・マカパインのアルバムなどへの参加を経て、メロディック・スピードメタルの雄ストラトヴァリウスに加入。現在でも正規メンバーの一人として精力的に活動を続けています。兄のアンダースはドラマー。

Derek Sherinian(デレク・シェリニアン)

カリフォルニア出身のアルメニア系アメリカ人。バークリー音楽院出身で、卒業後いくつかのバンドでツアーなどを経たあと、ドリーム・シアターに参加。歴代ドリーム・シアターのキーボードプレイヤーの中では最も目立たない存在ですが、ギタリストとの交友が広く、ソロアルバムではアラン・ホールズワース、アル・ディメオラ、スティーヴ・ルカサー、ザック・ワイルドなど、錚々たる顔ぶれとセッションを行っています。一時期イングヴェイ・バンドのツアーメンバーに参加、トニー・マカパインとのプラネットXは現在も活動継続中。

クラシックというよりはむしろフュージョン寄りのスタイルであり、難解なプログレのリフや攻撃的なソロを、エッヂの効いた破壊的な音色のシンセ音で弾きまくるスタイルは、さながら現代メタル版のヤン・ハマーと言うがごとしです。

ライター:森多 健司

新大阪駅、西中島南方駅より徒歩10分のギター教室「森多ギター教室」主催。安価な受講料で、初心者から中級・上級者まで幅広くニーズにお応えします。 森多ギター教室のページ – ギター教室navi